まるで北欧のフィヨルド!朱鞠内湖キャンプ場

湛水面積が人造湖としては日本一の幌加内町・朱鞠内湖。
景観はまるで北欧のフィヨルドを思わせる美しさで、その湖のほとりにあるキャンプ場は、キャンパーにとっては聖地とまで呼ばれているほど。
ハイシーズンは、林間にテントを立ててキャンプを楽しむ人達で賑わいます。

人造湖とは思えない雄大な自然美

湖の入り組んだ地形と、点在する島々。
そしてキャンプサイトには様々な種類の樹木が生い茂り、ここが人造湖である事などすっかり忘れてしまう程の自然の美しさに圧倒されてしまいます。

水辺であることや、樹木に囲まれているからなのか空気がとても澄んでいて、また、町からは距離があるので、晴天の日の夜は満天の星を楽しむ事ができます。
大自然の懐に抱かれるとは、正にここでのキャンプを言い表している言葉の様。

充実した施設で更に快適♪
キャンプサイトは第一から第三まであり、第二と第三サイトは車の乗り入れが可能で、各サイトには屋根付きの炊事場が設置されています。

あ、ひとつ注意事項を書いておきますね。
これは炊事場です。自分の家で言ったら台所と同じく食べ物を扱う場所です。
ですから、ここで靴を洗ったり、車を横付けして洗車するのはやめましょう。
最近は悲しい事に、そういう最低限のマナーも知らないキャンパーが増えてしまいました。

こちらはログ作りのランドリー&シャワー棟の内部です。
洗濯機は1回200円、乾燥器は30分100円で利用できます。

こちらは5分100円のコインシャワールーム。

温泉が隣接しているキャンプ場ではないので、このシャワールームはありがたいですね。

快適居住空間のログキャビンも!!

事前に予約すれば、レンタルでテントを始めとしたキャンプ道具が揃うので、キャンプ道具の無い人でもキャンプを楽しむ事は出来ますが、テントで寝るのはどうも苦手で…というあなたにはログキャビンがお勧めです。

中々素敵な佇まいですねえ。
中に入ってみると…

短い廊下を挟んで右手にトイレ、正面がリビング。
分別用のゴミ箱が並んでいるのが見えます。
利用者さんは、ゴミをしっかり分けて出すようにしましょう。

このキャビンにはロフトもあるんですよ。
寝具も標準でマットレスと毛布が6枚ずつ用意されています。

そしてキャンプ場のキャビンとしては、とても豪華なキッチン。
湯沸かし器や、IHクッキングヒーター、冷蔵庫付きで、調理器具もいくつか用意されています。

この写真には私物も写り込んでいますので、ご利用の際は何が揃っているのか確認してくださいね。
それから、室内は火気厳禁です。もちろん煙草もダメ。
当然のことながら、室内でBBQなどやってはいけません。
最低限のルールはしっかり守って、快適なキャンプを楽しんでくださいね~♪

幌加内町 朱鞠内湖キャンプ場 施設情報

住所:北海道雨竜郡幌加内町字朱鞠内・朱鞠内湖
電話:0165-38-2101
シーズン:5月上旬~10月下旬(残雪・降雪の状態で変わります)