名物音威子府蕎麦が味わえる!! 道の駅おといねっぷ

音威子府と言えば、廃線ファンにはお馴染みの、今は無き天北線の起点・音威子府駅があるところ。
そしてもう一つ音威子府と言えば・・・
JR音威子府駅内にある常盤軒の黒い蕎麦が全国的に知られていますが、お隣の道の駅おといねっぷでもその蕎麦を味わう事ができるんですよ~。

蕎麦だけじゃなく、ラーメンやカレーもある食堂

広い駐車場に車を停めて入口へ向かうと、ドアにラーメンや蕎麦の写真が。

館内の食堂では、音威子府蕎麦だけではなく、ラーメンもあるんですね。
なんでも店主さんは札幌などのラーメンの名店で修業されたかたで、本格仕込みのスープで、こだわりの逸品を提供してくれるそうです。

お店の名前は「天北龍」。
ここで出される蕎麦は、もちろん音威子府名物の黒い蕎麦。
めんつゆは利尻昆布がベースで、月見、かしわ、かき揚げ、肉蕎麦などが楽しめます。

他にも玉ねぎの甘味が効いたカレーライスや、チャーマヨ丼などのご飯ものもあるのが嬉しいですね。
更に挽きたてのホットコーヒーが120円で味わえるのにはビックリ!!!

売店で音威子府蕎麦を仕入れて、おうち蕎麦も♪

館内売店の平台には、音威子府蕎麦(生蕎麦、乾麺)とそばつゆが販売されていました。
ここで仕入れて自宅で味わう事が出来ますね~。
他にも曽場茶、蕎麦羊羹なんていう珍しい商品が並んでいましたよ。

季節によっては、地元産の野菜が並ぶそうですが、残念ながらこの日は姿が見えず。
食堂と小さな物販コーナーのみという、こじんまりした感じの道の駅でしたが、外に出るとこんな一角が。

北斗七星という名の・・・

メインの建物に隣接する、入り口前に自販機がズラリと並ぶこの施設は何?!!
それは、何故か「北斗七星」という名前が付けられた、トイレ。
ここは年中無休で、24時間使用可能な、ありがた~い爽やかトイレなのでした♪

北海道で一番小さな村、音威子府にある道の駅おといねっぷは、国道275号線沿い。
JR音威子府駅のすぐ近くにあります。

音威子府村 道の駅 おといねっぷ 施設情報

住所:北海道中川郡音威子府村字音威子府155番地(国道275号沿い)
電話:01656-5-3111
営業時間:4月~9月 9:30~17:00、10月~3月 9:30~16:00
休館日:毎週火曜日、年末年始(12/29~1/4)