地元新鮮野菜の宝庫 農産物直売所あさがお

北海道はGWを過ぎたあたりから冬までの間、各地の道の駅などで地元の野菜が沢山並んでいて、値段も手ごろで本当に有難いのですが、私が旭川に出かけた時に必ず立ち寄るのは永山にある道の駅ならぬ、この農産物直売所あさがお。

「JAあさひかわ」の施設で、年間通して野菜が置かれているのですが、初夏から冬にかけては、地元旭川産の野菜がびっしり並んでいます。

ところ狭しと並ぶ旭川の野菜達

今回私が行ったのは、6月の下旬。
入り口には「新鮮野菜入荷中」のポスターも貼られていましたよ。
隣接する食堂のおすすめメニューも目を引きますね。

店内に入ると、ほうれん草などの葉物がビッシリ並んでいます。
これがまた、農家さんに申し訳ないくらいに安いんですよね。
ほうれん草は、一束140円也。

ほうれん草の栄養素でコロナに負けるな、みたいなポップが添えられていましたよ。

そしてこちらはレタス類。値段は110円~200円。
各種レタスとべビーリーフを組み合わせた「サラダセット」なんてのもありました。

初夏が正に旬のきゅうりも!!

野菜以外にも地元ブランドの美味しい物達が!!

店内には、野菜以外にも地元旭川の特産品が沢山並べられています。
こちらは旭川の特別栽培米や道産の雑穀などなど。

「屯田の里」という工房で作られた、手作り糀を使った「屯田味噌」や「屯田とうふ」。
それに、食べると仄かにチーズの様な味がして、あぁ同じ発酵製品なんだなぁと感じさせてくれる、
地元旭川の米と大豆、赤穂の天塩で作られた「ゆきわみそ」も置かれていましたよ。

旭川の胡瓜に、この「ゆきわみそ」をそのままつけて頂くと、それだけで立派な酒の肴になります。
そのくらい風味が良くて、味に深みがあるお味噌ですよ。

そして旭川のブランド品がもう一つ。
ひかり牧場の「旭高砂牛」!!

旭川としては初のブランド牛で、地元の高砂酒造の酒粕を飼料として与えられた、柔らかくて旨味タップリの極上赤身が自慢の牛肉です。

お隣には地産地消の蕎麦レストランも♪

あさがおの店舗の奥は、併設された「江丹別そば処・穂の香」さんの入り口にもなっています。

ここは、そば粉は店名にある通り旭川のそば処・江丹別地区のそば粉を使い、その他、米、野菜などの食材は、基本的にJAあさひかわの組合員が生産したものを使用。
そばを中心に、地産地消の料理を楽しむ事が出来ます。

ななつぼしのお握り付きそばセットにはそそられますね~。
夏季限定の、梅干しがのっかった「冷やかけおろしそば」も魅力的~!!
穂の香さんの営業時間は11:00~17:00で、定休日はあさがおさんと同じです。

そしてこの日は、沢山の花たちに見送られて店を後にしました。

地元の新鮮野菜を始めとした美味しいものがいっぱいの「農産物直売所あさがお」。
収穫の時期を迎える夏以降は、ますます色んな野菜達が並びますよ~!!

農産物直売所あさがお の店舗情報

住所:北海道旭川市永山2条19丁目(国道39号線沿い)
電話:0166-48-7596
営業時間:4月~12月/10:00~17:00、1月~3月/10:00~15:00
定休日:5月~10月は無休、11月~4月は火曜定休