頂上から見えるのは圧巻の景色!蝦夷富士「羊蹄山」

2016年7月に北海道虻田郡ニセコ町にある羊蹄山に登ってきたので、その体験を紹介します。

北海道といえばさまざまな観光地があり、多くの旅行者に愛されている旅行先です。美味しい食べ物や息をのむ景色、雄大な自然でのアクティビティなど魅力あふれる北海道。
私が毎年訪れるニセコ町。北海道のリゾート地で、季節を問わず観光客が訪れる人気の観光地です。

美味しいものも雄大な自然も、楽しいアクティビティも揃っているニセコ町のシンボルといえ、季節を問わず人気を集める羊蹄山。
憧れの羊蹄山に登ってきたので、お話したいと思います。

北海道が誇る郷土富士!「羊蹄山」

正式名称は「後方羊蹄山(しりべしやま)」。標高1898メートルの独立峰で日本百名山の1つとして数えられています。きれいな円錐形をしていて、蝦夷富士の愛称で親しまれている羊蹄山。アイヌの方々はマッカリヌプリやマチネシリと呼ぶこともあるそうです。
マチネシリは「雌山」という意味で、女性なのだそうです。そのためか、かっこいい男性が寄ってくると恥ずかしくて、顔を雲で隠してしまうという話も聞いたことがあります。

北海道でも大人気の登山スポット

羊蹄山は札幌から車で2時間程度着くので、日帰り登山も気軽にできる人気の登山スポットです。登山コースは主に4種類。
どのコースもロングコースなので、上り下り併せて8時間はみておいたほうがいいでしょう。登山者が多くなるのは例年7月・8月。
涼しいと思われている北海道でも、この時期は気温が30度を超す日も多いので暑さ対策は必須です。

初めて登る方は真狩コースがおすすめです

4種類ある登山コースでおすすめなのが、真狩コースです。他のコースに比べて比較的勾配が緩やかで、登山道もしっかりと整備されています。また、利用する登山者も多く、熊に遭遇する可能性もぐっと低くなります。
私が初めて羊蹄山を登った時も真狩コースから登りました。かかった時間は、登り5時間・下り3時間の計8時間でした。

つい見入ってしまう圧巻の大展望

羊蹄山の魅力は、なんといっても独立峰ならではの大展望!途中、息が切れ体力的に辛い時もありますが、頂上からの景色はそんな気持ちを吹き飛ばしてくれるほど圧巻です。
タイミングがあえば、雲海をみることもできます。眼下には雲海、見上げれば青空、正に息をのむ景色でした。

思いっきり遊びたいならニセコ町・羊蹄山

下山してきてからも楽しませてくれるのがニセコ町・羊蹄山の素晴らしいところです。ニセコ町には、疲れを癒してくれる温泉やホテル、美味しい食べ物が多く揃っています。登山口の近くにキャンプ場もあるので、そのままキャンプを楽しむのもいいかもしれません。

これから北海道に旅行に来ようと思っている方は、一度羊蹄山からの大展望を体験してみてください。

ヤマタケと申します。
生まれも育ちも北海道の30代男性です。病院で勤めています。
趣味はアウトドア(登山、キャンプ、焚火)、旅行、写真です。
楽天家なところがあり、旅先では小さなトラブルにみまわれますが、それも含めて楽しむようにしています。
この記事どうでした?
  • 面白かった (1)
  • 面白くない (0)

アウトドアの最新記事8件