ハセガワストアのやきとり弁当を食べた

函館で美味しいものが食べたい!北海道といえば、海鮮、ジンギスカン、目新しさではスープカレーですかね?
ガイドブックに載っている観光名所やグルメもいいけれど、自分としては地元っ子と同じモノが食べたい衝動にかられました。
そこで立ち寄ったのが、道民のソウルフードとして気軽に味わえる「やきとり弁当」。

北海道函館市出身のロックバンド・GLAYも紹介していて、すごく気になっていたご当地グルメです。
ちなみに全国区の大手コンビニではなく、北海道ローカルのハセガワストアというコンビニで提供されている「やきとり弁当」・・・衝撃的な旨さでした。

ハセガワストアとは

函館市を中心に展開するコンビニでありながら、普通に売っている定番商品から、地元の物産品や土産物まで取り揃えています。
地元民からは「ハセスト」と呼ばれ親しまれ、調理スペースのあるコンビニで、店内でやきとりを焼いているっていうのもポイントです。

やきとりなのに豚肉

ハセストでオーダーしてみてビックリするのが、お弁当にのっているのは鶏串でなく、豚バラの串です。
道南エリアでは、やきとりといえば豚串なのだそうです。その昔は鶏よりも豚のほうが安価で入手しやすかったかららしく、ちまたで認知されるやきとりを食べたいときには、鶏肉でオーダーしなければならないと店員さんに教えてもらいました。

やきとり弁当の味は、タレ・塩・塩ダレ・うま辛があって、私はタレをセレクトしました。
なんと焼き場ですぐにやいてくれ、地元のワインを吹きかけて焼き上げてくれるので、柔らかく風味豊かな味わいです。

食べ方のコツ

お弁当の箱を注意深く見てみれば、ミゾがついています。串をミゾに合わせて挿し込んでからフタをして、フタから出た串を回すようにしながら抜くと手も汚れずに、簡単に串から肉とネギがはずせるアイデア箱になっています。

実際に抜いてみると、箱を壊さないようにちょっとコツが必要ですが、わりあいきれいな状態で串が抜けました。

味わい

タレの味わいはこってりしてはいなく、醤油とみりんの甘辛いタレで、食欲がない人にも食べられるくらいサッパリしていました。
七味やマヨネーズをかけたくなるくらいで、コンビニだからそうした調味料も販売されていて、一石二鳥。

ネギも甘くて、しっかり焦げ目がついていて香ばしいのも魅力です。
できたて熱々、ご飯に敷かれた海苔には切り込み入で、食べやすさもあり、タレがご飯に染み込んでいて、そのご飯だけ食べても上手いっていうくらい大満足できるお弁当です。

函館にいったら皆さんも是非食べてみてください!

ショップ・グルメの最新記事8件