絶景スポット!枝幸町ウスタイベ千畳岩

10月上旬、曇り空の土曜日。友人が住む枝幸町へ初めて行った私。
友人のおすすめスポット、北オホーツク道立自然公園へ向かい、「千畳岩」がとても綺麗だったのでおすすめしたいと思います。

枝幸町

枝幸の読み方は「えさし」、北海道宗谷総合振興局管内の南部に位置する町で総人口約7500人、面積1,115.93km2。毛がに籠漁は日本一が町です。
町名の由来は、アイヌ語の「頭が・浜に・ついている・所」、すなわち「岬」を意味する「エサウシイ(エサウシ)」に由来すると言われており、町もこれを支持しているようです。

枝幸町へは高速道路と下道を使って札幌から約4時間半(約300km)かかる場所にあり、道中は広大な畑や牧草ロール、いくつもの船がある海が印象的でした。

北オホーツク道立自然公園

北オホーツク道立自然公園は公園といっても遊具がある訳ではなく、オホーツク海に面した広大な敷地に、クッチャロ湖、モケウニ沼、カムイト沼、瓢箪沼、ポン沼があり、大きな海と湿地や草原に広がる数々の植物が北海道の大自然を実感させてくれる海岸です。

花々を楽しむのであれば、春から夏ぐらいの時期がオススメのようですね。

ウスタイベ岬

公園の南側、ウスタイベ岬にウスタイベ千畳岩があり、水色と黄緑の中間色のような色や黒、赤茶色の何とも色の名前で表現出来ないような、形も大きさも大小様々な岩が畳を重ねたような状態の海岸です。

そこは曇っていることが感じられないくらい美しい夕焼けの空が広がっていました。
数え切れないくらいの千畳岩に心が奪われ、海の近くへ行ってみたらどんな気持ちになるんだろうという好奇心が抑えられず、おぼつかない足取りではあるものの慎重に海へと進んでいきます。

岩の上を歩くのに適さない革靴なので歩きにくく、岩の大きさや形がどれも違うため、なるべく平らな岩を探しながら歩くことも難しかった。
特に段差が大きい所は、しゃがみこんで降りなければ転んでしまうような足場の悪さでした。

是非立ち寄ってみて欲しい

千畳岩の始まりの場所から海を眺めることも出来るのですが、水面近くまで降りて感じる潮の香り、海と空は一度は見てみる価値のある場所です。
人間には決して作ることの出来ない、自然が生み出した形の大きな岩がたくさんならぶ千畳岩。その広ささや美しさを見ていると、日々の生活の疲れや鬱憤も小さなことだなと感じられ、凄く心が洗われた気分になりました。

枝幸町へ旅行の際は立ち寄って貰いたい、おすすめの場所です。

お勧め観光スポットの最新記事8件