道内を飛行機で移動しよう!

仕事で北海道に来ることになったのだが、そのあまりの広大さに圧倒された。
なにせ、日本国土の5分の1が北海道なのだ。

当然ながら、旅行フリークの私は居ても立ってもいられなくなった。
そこで週末を使って北海道制覇を企てたのだった・・・

いざ丘珠空港へ

あのぅ・・・何分くらいで到着しそうですか・・・?
「ええ、ちょっと混んでますけど、もうすぐですよ。」
・・・そうですか・・・
ああ、じれったい。

ただ今、札幌駅から「札幌丘珠空港」に向かっているタクシーの中である。
朝寝坊をしてしまい、地下鉄をやめタクシーを選択した。
が、判断を誤ってしまった様である。
今日は気持ちが空回りしている。

仕事で札幌へ

今週は仕事で札幌に来ており、目途が付いたのが金曜の夕方だった。
東京の課長に電話で報告。

・・・課長、今から戻っても夜なので、日曜まで遊んできていいですか!?
「まあ、息抜きも必要だからな。月曜日には東京に出社しろよ。」
・・・ありがとうございます!!
昨日は札幌で一泊し、これから1泊2日の「北海道旅行」の始まり始まり。

時は2001年12月。
札幌は積雪が1メートルになる。
駅周辺は交通量が多いので車道にはほとんど雪がないのだが、路肩には1メートルの雪がそのまま残っている。

碁盤の目

北24条・・・?
「ええ、今、北大(北海道大学)の前です。」
「札幌も碁盤の目みたいでしょ!?」
「南北は『条』、東西は『丁目』で位置が分かるようになってるんですよ。」
・・・なるほど~
「で、ここを右に曲がってずっと行くと空港です。」

丘珠空港到着

「はい、お待たせしました~」
4、50分くらいかかっただろうか、札幌丘珠空港に到着した。
・・・ありがとうございます・・・
どうやら中標津行きのフライトには間に合いそうだ。
※現在、丘珠ー中標津のフライトは運航されていません。

・・・ああ
ここが「丘珠空港」か・・・
札幌丘珠空港デビューだ。

無知の為せる業

実はつい最近まで北海道には「新千歳空港」と「函館空港」しかないと思っていた。
帯広、釧路、女満別・・・なんだ、いっぱいあるじゃないか!?
現在、北海道には14の空港があり、道内は飛行機で移動するのが常識なのだ。

へぇ~
丘珠空港って、札幌市内にあるんだ・・・
なんて身近なところに。

今後も札幌出張は定期的にあるから、丘珠空港を出発点にしていろいろ行ってみよう・・・
今日のフライトはその第一弾。

搭乗

1階のカウンターで搭乗券を発券し階段を上がって行くと、もう搭乗手続きが始まっていた。
「中標津行きのお客様はいらっしゃいますかぁ!?」

はいはい、乗ります!!
慌てて搭乗ゲートに駆け込んだ。
ふぅ、間に合った・・・

これ、YS11かな・・・!?
搭乗機は50人乗りくらいのプロペラ機である。
プロペラ機は機体が軽く、離陸時はフワッと浮き上がる。

眺めは最高

うわぁ・・・真っ白だ~
窓からの眺めは一面の銀世界。
時を忘れて見入ってしまった。

暫くして機体がバウンドしつつ着陸した。
もう到着か・・・
気づいた時には「中標津空港」に到着していた。

移動時間

フライト時間は40分ほど。
今朝のタクシーと同じくらいだ。

・・・これならみんな飛行機使う訳だよね・・・
なんとなく合点がいった。

未知な発見がいっぱい

さあ、これからどこに行こうか!?
実は、この先の予定は何も決めていない。
計画を立てないのが私の旅行の流儀。

旅行誌にも載っていない新たな発見こそが一番の醍醐味なのだ。
・・・まずは「釧路湿原」でも見に行ってみようかな・・・

※画像はイメージです。

北海道旅行記・手記の最新記事8件