石油分が含まれた希少な温泉 豊富温泉

豊富温泉は道北の豊富町にある温泉です。油分が特徴の温泉で、私もかなり前に訪れましたが、油が浮いている温泉の強い印象が残っていました。久しぶりに豊富温泉に行ってみました。

豊富温泉の歴史

豊富温泉は天塩郡豊富町にあり、稚内から南に50㎞程の場所にあります。車では1時間程で行くことができます。
歴史は大正時代に石油の採掘を行っていたところ、地下から天然ガスと共に、お湯がわき出たことが始まりとのこと。
その後、温泉街として8つの旅館が開業しました。

豊富温泉の泉質

豊富温泉のお湯には石油分が含まれており、世界には2つ、日本にはただ1つと言われている希少な温泉だそうです、泉質はナトリウム塩化物泉とナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉の2種類で弱アルカリ性の温泉です。
温度は41度~42度。私は熱いお湯が好きなので、それ程熱く感じませんでした。

湯治で有名な豊富温泉

豊富温泉は皮膚病などに効能があると言われ、湯治で訪れる方が多いそうです。アトピー性皮膚炎に効くと話題になり、全国から湯治に訪れる方が大勢います。

医療控除が受けられる日本でも数少ない温泉で、交通費と入浴料が控除されるそうです。

温泉街

温泉街には数件の旅館、ホテルがあります。湯治の為、長期滞在できる施設もあります。

特に目を引いたのは川島旅館で、とてもオシャレな高級感ある旅館で、是非今度宿泊しようと思いました。飲食店などは近くに無く、観光温泉というイメージは無かったです。

町営の温泉施設「豊富温泉ふれあいセンター」があり、朝10:00~温泉に入れました。豊富温泉ふれあいセンターには湯治用の温度を低くした温泉と一般用のちょっと温度が高い温泉がありました。

まとめ

温泉街には「湯の杜ぽっけ」という観光案内、お土産施設がありました。酪農が盛んな地域なので、チーズや牛乳など乳製品のお土産が多かったです。
利尻礼文サロベツ国立公園の一部でサロベツ湿原センターにはサロベツ原野を探索できる木道が設置されています。広大な自然が広がっており、とても気持ちのいい場所です。

※一部の画像はイメージです。

温泉・サウナ・宿泊施設の最新記事8件