首脳サミット開催の洞爺湖の神秘的ホテル

2018年の夏、家族旅行で北海道各地を巡りました。その際に洞爺湖を訪問し、この素晴らしきホテル、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパも訪問しました。
あまりに素晴らしかったので今回紹介させていただきます。

皆さんは、北海道の洞爺湖はご存知でしょうか。他にも昭和新山や有珠山の噴火でも有名であり、地の利を活かした温泉街も栄えています。
ただ、これらの情報については、私が説明するまでもなく既出で有名ですよね。では、『ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ』をご存知でしょうか。もう少し詳しくヒントを与えると、2008年にG8、先進国首脳サミットが開催されたホテルをご存知でしょうか。

私からのヒントは以上です。イメージが沸かなかった方のために、ホテルの概要から紹介していきたいと思います。
このホテルは、洞爺湖中心部の繁華街からは、少し離れたところに位置しており、車で少し登った丘陵の上に位置しています。

よって、時期によっては霧により全く見通しが効かないことがありますが、実はそれがとても幻想的 、神秘的な雰囲気を醸成するのです。言葉では伝えきれないのですが、何とも言えないこの上ない雰囲気です。
私が訪問したときも、7月でありましたが、霧でほぼ見通しが効かない状況であり、運良くと言ってよいのか分かりませんが、この最高の雰囲気を味わうことができました。

ホテル外観は、圧倒的なエントランスの広さと洋風チックな作りとなっています。この外観は周辺施設にはない独特のもので、霧がかかったときの雰囲気を醸し出す要因ともなっています。

中に入ると、一見さんお断りと感じるような高級感が漂っています。
私たち家族は、宿泊ではなく、テイクアウトのパン屋さんが中にあるとの情報を得て訪問したまでです。朝食用のパンを買うため、朝7時半頃訪問しました。人の出足はまばらでしたが、緑の絨毯が広がるホテル周辺は、15分前後の散歩コースとなっており、ウォーキングされている方を少し見かけました。

肝心のパン屋さん、ウインザーですが、やはり少しお値段は高めでしたが、味は格別でした。どれも美味しいものばかりでしたが、あえて私が一推しするとすれば、それは、クロワッサンです。北海道の地元バターを使用しているので当然といえば当然ですが、かんだ瞬間のバターの味わいは何にも代えがたいおいしさの秘密です。また、もう1つ、地元の海水から採った塩を用いた塩パンも美味しいです。ぜひご堪能いただけると幸いです。

このようにザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパは、高級感あふれるホテルでありながら、一般庶民にもその雰囲気を味わっていただけるよう、敷居を下げてくださっています。また、朝訪問することにより、日によっては、霧のかかった神秘的雰囲気を味わうことが可能です。ぜひ訪問してみてくださいね。

※画像はイメージです。

温泉・サウナ・宿泊施設の最新記事8件