登別じゃないクマ牧場!「昭和新山熊牧場」は隠れた穴場!?

※当サイトは、Googleアドセンスおよびアフィリエイトプログラムに参加しており広告表示を含んでいます。

「の・ぼ・り・べ・つと・・・いえば!クマ牧場」道民なら一度は聞いた事があるCMのキャッチフレーズ。最近ではyoutubeなどでも拡散され、公式なのにMADなテイストで道外でも話題になったりします。
北海道のクマ牧場と言えば登別なのでしょうか・・・否、登別以外にもクマ牧場があるのです。
それは洞爺湖からすぐ近くの「昭和新山熊牧場」。

まだコロナも落ち着いていなかった2022年のゴールデンウィーク、どこかに旅行に行きたかったですが、道外には出ず、道内の観光地で楽しもうと思い行ってきました!

目次

北海道の熊牧場といえば登別!でもこちらの熊牧場もおすすめ!

こちらのクマ牧場、洞爺湖温泉から車を10分ほど走らせた、有珠山にあります。有珠山とは洞爺湖の南側にある活火山で、2000年に噴火したのを道民の方には記憶に新しいと思います。
麓は観光地となっていて、お土産物屋が立ち並び、洞爺湖有珠山ジオパーク火山村情報館や頂上までのロープウェイの駅もあって、その一角に昭和新山熊牧場があります。

熊牧場の入口では大きな熊のモニュメントがお出迎え。
ゴールデンウィーク中ということもあり、モニュメント熊さんの頭には兜が!愛らしい姿に思わず写真におさめたくなってしまいますね!

入場料は6歳以上中学生未満は500円、中学生以上は850円となっております(公式ホームページ調べ)。ところが、思わぬサービスが!その日はこどもの日だったので、なんとこどもの入場料はタダ!
知らずに行ったので子連れの我が家にはオトク感が何倍にも感じられました。

芸達者な熊さんたちに思わずエサを上げてしまう

いざ熊牧場に入場!さっそく見ようとのぞき込むと、こちらに気づいた熊たちは手招きしたりポーズをキメたりしてエサをおねだりしてきます。なかなかの芸達者です。

子どもはその姿に感動、どんどんエサをあげるのでした。入場する際に買ったエサはあっという間になくなり、場内にある自動販売機で追加購入。
2袋200円なので、エサやりをたくさんしたいぞ、という人は小銭をたくさん持って行った方がよいかも?

階段を降りるとそこはどアップの熊さん達!

場内をぐるぐるまわっていると、なにやら怪しげな階段が・・・降りてみるとぐるっと一周オリで囲まれたスペースに入ります。そこでは間近でクマを観察できるのです。

大きな体がのっそり近付いてくる様子は迫力満点!オリにはエサの投入口が何か所か設置されており、クッキーを投入すると見事にキャッチしてくれます。「もっとないのか」とエサをおねだりする、熊の鼻息が投入口からリアルに聞こえることも。

コンパクトだけど十分に楽しめる。

場内は大体1時間くらいあれば全部まわれてコンパクトな熊牧場ですが、逆にお子様連れにとってはちょうどよい広さの場所ではないでしょうか?熊さんへのエサやり体験にお子様も喜ぶこと間違いなし!

なぜかアライグマも飼育していたりして、エサの投入口に前足を入れておねだりする姿がかわいらしいです。運がよければ、クッキーを洗う姿が見られるかも!?
洞爺湖温泉にお越しの際にはぜひ一度お立ち寄りを。

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次