十勝岳連峰の紅葉はまもなく見頃に

朝晩冷え込みが厳しくなり、日中との温度差が10℃以上となる日が続いています。道内各地でも街路樹が少しずつ色づき始めてきました。

道内で最も早く紅葉が見られるのが大雪山系の旭岳(2,291m)。すでに紅葉が始まっているというのをニュースで見ていたのですが、十勝岳連峰の紅葉などうなっているのか様子を見に望岳台へ。

望岳台から十勝岳へ登山する方が多く、この日の駐車場も満車状態。次から次へと車がやってきていました。

十勝岳連峰は、十勝岳・美瑛岳・富良野岳・上富良野岳などからなっており、十勝岳は標高2,077mと最も高い山です。

2016(平成28)年10月に望岳台に「十勝岳望岳台防災シェルター』がオープン。シェルターとしての機能だけでなく、情報発信の場所ともなっています。

望岳台からは美瑛のまちが見下ろせ、広大な景色が広がっています。手前にある木々も色づいてきています。牧場や畑が格子状にあるのがよくわかります!
360度景色を見渡せるのも魅力です。

十勝岳のほうを見ると、裾野のハイマツやシラカバなどがいろんな色に色づき、緑の箇所も日差しに照らされて鮮やかな色合いに。この日は天気が良く、空も青々としていて、大変美しい秋の景色を作り出していました。

この日は朝から十勝岳の噴煙が高く上がり、風向きによっては煙突の煙のように流れていました。十勝岳は活火山で、現在は噴火レベル1となっています。訪れた際は注意書きをよく読み、もしもの時に備えましょう!

十勝岳望岳台はJR美瑛駅から車で35分ほど、白金温泉から車で10分ほど。例年は10月初旬頃に紅葉が見頃となります。ドライブにおすすめのスポットです!

お勧め観光スポットの最新記事8件