朱鞠内湖は春夏秋冬どの季節に行っても楽しめる

私が紹介したい観光スポットは北海道雨竜郡幌加内町の「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」です。
自然豊かで春夏秋冬、それぞれの季節によって違う表情をみせ、さまざまなに趣向を凝らした楽しみ方がある・・・方朱鞠内湖はどの季節に行っても楽しめることでしょう。

朱鞠内湖は道立自然公園に認定されていて、さらに日本最大の人造湖。その大きさは2.373haもあり、湖の外周が約40km、水深は40mもあります。
そして湖面の広さはなんと東京ドームが507個ほどの広さがあります。

最初のお勧めポイント

まず最初のポイント、それは釣りです。
朱鞠内湖では、GW頃から11月にかけてトラウト釣りのシーズンがやってきます。トラウトとは幻の魚であるイトウを始めサクラマス、アメマスなどのことを指しています。
特におすすめしたのは、カヌーやボートに乗っての釣り。湖には何箇所もポイントがあって、魚影を求め景色楽しみながら湖を進んでいくのはオツですよ。
数カ所ある中島を探検するのもいいですね。

1月~3月には、朱鞠内湖が氷るので、ワカサギ釣りが楽しめるのです。

次のお勧めポイント

次のオススメはレイクキャンプです。
海でも山でもない両方の良いところ取りをしている様な感じです。

朱鞠内湖は初心者から上級者までそれぞれが楽しめるように、キャンプ場が3カ所もあります。
上級者は湖畔に近い所にテントを張り釣り三昧、初心者は芝生の上にテントを張りバードウォッチングや自然を堪能するのはいかがでしょう?
また、キャンプ場には珍しいコインランドリーやコインシャワーもあるので、水遊びや、激しいアクティビティで汚れたりしても、お母さんも安心。

お祭りやグルメもありますよ

近年はコロナの影響で中止していますが、夏になると朱鞠内湖湖水祭というお祭りが開かれ、もちまきやステージショーなどがあって、訪れた人を楽しませてくれます。
特にメインの湖上花火大会は圧巻ですよ!

あまり知られていないかもしれませんが、幌加内といえば蕎麦。
幌加内町は蕎麦の作付面積が日本一で収穫量も日本一です。
盛大に新そば祭りが開かれるほど蕎麦が名産です。ぜひ蕎麦も食べてみてください。

他にも撮り鉄にはたまらないスポットもあります。それは、「ポンコタン鉄橋」です。
現在は廃線になっている深名線ですが、保存会のおかげで現存し、2009年に土木学会選奨土木遺産に選ばれています。

最後のお勧めは少し過酷?

最後になりますが・・・お勧めとは言い難いのですが・・・。
幌加内町は寒暖の差が激しい事でも有名、過去に最低気温-41.2度を記録して寒さ日本一になったこともあり、冬の朱鞠内湖では、運が良ければサンピラーやダイヤモンドダストも見れます。

春夏秋冬どの季節に行っても楽しめる朱鞠内湖の最大のおすすめポイントは広大な大地に広がる大自然なのです。

お勧め観光スポットの最新記事8件