富良野で楽しんだラベンダーと北海道ならではのスイーツとカレー

何年か前の7月、主人と二人で富良野にラベンダー畑を見に北海道を旅しました。

富良野までの道のり

昔、北の国からのドラマが好きで良く見ており、富良野は憧れの場所です。
ドラマのほうが終わってしまっても、心の中でいつか行きたい場所の一つとしてずっと思い続けていました。

関東に住んでおり、なかなかまとまった時間もとれず、長年行くことができなかったのですが、今年やっと行くことが叶ったのです。
新千歳空港について、2泊は定山渓温泉に宿泊して温泉を満喫し、2泊は札幌で美味しいグルメを満喫し、念願だった富良野には3日目に行きました。

主人がレンタカーを借り、朝早くに札幌を出て富良野に向かうのですが、その途中の道のりでも、北海道と本州の違いをもの実感。
というのも、コンビニはおろか、家も店も何も人の気配のありそうな建物がなく、もし事故にでもあったらどうすればよいのか・・・・と少し不安になりました。

本州では、ここまで何もない道が続くということがないので、あらためて北海道の広大さを知りました。

出会えた美味しいスイーツに大満足

富良野についてまず行ったのが、北海道でも有名なスイーツのお店、六花亭のカフェがある「カンパーナ六花亭」。
丘の上にあるきれいなカフェで、定番の六花亭のお菓子はもちろん、とても美味そうなケーキやぶどうソフトなどフルーツを使ったデザートもたくさんあって、感激しました!

私は色鮮やかなフルーツの入ったオムレットケーキを食べましたが、やはりクリームの味がいつも食べてるスイーツとは全然違った美味しさで、乳製品の美味しい北海道ならではの味ですね。

お店が見える大雪山の山々は本当に美しく、まだラベンダーも見てないのに富良野に来てよかった~としみじみ満足しました。

念願のラベンダー畑

いよいよ、ラベンダー畑に向かいます。
シーズンだったこともあり、平日だったのにも関わらず、多くの観光客で溢れていました。

きれいな紫色のラベンダーの景色を見るのは本当に長年の夢だったので、とっても嬉しかったで、主人にいっぱい写真を撮ってもらいました。

ラベンダー畑は一か所ではなく、あちらこちらに点在しているのが、予想とは違っていました。
斜面になっているので、上り坂を上がって、上からラベンダー畑を見たほうがきれいに見えるような気がします。

ラベンダーを扱ったお土産品も沢山売っていましたが、中でも、ラベンダーを使ったスイーツは、富良野でしか味わえないと思い、ラベンダーソフトやラベンダーのゼリーなどたくさん食べてました。

ランチで食べた富良野ならではのカレー

ラベンダー畑を堪能したり、北の国からにちなんだスポットを訪れたりして楽しんで、ランチにカレーで有名な「唯我独尊(ゆいがどくそん)」に行きました。やはり有名店なので平日にも関わらず多くのお客さんで賑わっています。

注文したカレーには大きなソーセージがのっており、すごく美味しかったです!
濃い色のルーは、野菜や肉などの素材がしっかりとつまった味で大変美味しく、並んで食べる価値のあるカレーです!

また富良野に行ったら味わいたいな。

※画像の一部はイメージです。

北海道旅行記・手記の最新記事8件