北海道のアスパラガス~旬やおいしい食べ方~

北海道に来て、道産野菜のおいしさに本当におどろきました。中でもアスパラガスのおいしさは感動ものです!
今日は北海道のアスパラガスの旬や保存方法、おいしい食べ方などを紹介したいと思います!

アスパラガスとは?

まずはアスパラガスについて説明します。
アスパラガスはキジカクシ科の多年生草本植物です。原産は地中海東部で日本へはオランダから渡来しました。当初は観賞用でしたが1923年(大正12年)頃から北海道で缶詰用のホワイトアスパラガスの栽培が本格的に始まりました。

アスパラガスの栽培は、早春に種をまき収穫できる株に2年かけて育苗します。3年目の春に芽が出る前に定植し、芽を伸ばして成長します。
主な産地は北海道がダントツですが、佐賀県、長野県、熊本県と続きます。

グリーンアスパラとホワイトアスパラの違いとは?

そういえば、アスパラガスにはグリーンとホワイトがありますよね。この色の違いは、品種が違うのではなく栽培方法にあります。
ホワイトは芽が出る前に株の上に土を盛り、日が当たらないように茎を伸ばす軟白栽培をしたもので、グリーンはその逆で日を当てて成長させる栽培方法です。

グリーンとホワイトは色だけではなく、味や栄養価にも違いがあります。日を当てて成長したグリーンはホワイトより栄養価が高くカロテンなどを多く含みます。ホワイトは味に青臭さがなく柔らかく甘みがありますが栄養価は低くなってしまいます。

昔はホワイトを缶詰にしていましたが、現在ではその味や食感を活かして新鮮なホワイトアスパラを生食として使用するなど調理方法によって使い分けされたりしています。

また、最近では紫のアスパラガスを見かけることもありますが、こちらは栽培方法ではなく品種が違います。アントシアニンを多く含んでいるため、表面は紫ですが中はグリーンと変わらず茹でると緑に変わってしまいます。見かけたらぜひサラダなどの生食で調理されるとよいでしょう。

アスパラガスの旬と選び方は?

北海道のアスパラガスの旬は春。ハウス栽培は4下旬~5月頃、露地栽培は5中旬~6月頃が収穫時期です。ホワイトアスパラガスの旬は4月下旬~6月中旬頃になります。
秋から冬にかけて蓄えた養分で春に芽を伸ばすアスパラガスは、シーズンの初めのものが甘くておいしいのでおすすめです。

おいしいアスパラガスの選び方は、スバリ見た目です!以下のポイントをチェックして、色が鮮やかでツヤやハリがあるものを選びましょう。

  • 色は濃いもの
  • 光沢がある
  • 穂先はしまっている
  • 茎が太く丸いもの
  • 根の断面がみずみずしい
  • ハカマ(三角の葉のような部分)が正三角形

アスパラガスの保存方法は?

アスパラガスのおいしさは鮮度が命!しかし鮮度が落ちるのも早いです。
ですから、できるだけ早く食べてくださいね!

鮮度を少しでも長く保つには、乾燥しないようキッチンペーパーなどで包み保存袋へ入れます。アスパラガスは上に伸びる性質なので、冷蔵庫で立てて保存したほうがおいしさを保つことができます。
もしもすぐに食べられない場合には、かために茹でて冷凍保存がおすすめです。使う時は凍ったまま炒め物や揚げ物など加熱調理できます。

アスパラガスの美味しい食べ方は?

アスパラガスは新鮮な素材そのものを味わうのが最高においしい!
鮮度の良いアスパラガスが手に入った時には、まず茹でアスパラをおすすめします。

茹でアスパラは、沸騰したお湯に塩を少々入れて1~2分茹でます。あまり火を通さないように色が鮮やかになったらOKです!
また、焼きアスパラもおすすめです。こちらはオリーブオイルと粗塩をまぶしてグリルやフライパンで2~3分焦げないように焼きます。
茹でも焼きも火を通しすぎず、歯ごたえのある食感をたのしみましょう。新鮮なアスパラガスだからこそ味わえる食べ方です。

その他にも調理して食べるなら、油やお肉と相性がよいです。
ベーコン巻や豚バラ巻にして焼いたり、豚肉とチーズで巻いてフライにするのもおすすめです。また、茹でたものをおひたしや胡麻和えにしてさっぱり食べるのもおいしいですよ!

私がよく作るのは、アスパラガスとベーコンのペペロンチーノです。アスパラガスは斜めに5ミリくらいにスライスしてベーコンと炒めてパスタと和えます。味の相性がよく、食感も楽しめるのでおすすめです。

アスパラガスは新鮮なものだと下の方が硬くないですが、もし下の部分が硬かったり皮が残る感じがするときは下の方3~4センチをピーラーでうすく皮をむいてから調理するとよいです。

おわりに

いかがでしょうか?旬のアスパラガス食べたくなりましたか?!茎の太いものは食べ応えがあっておいしいのでそれはそれで好きですが、細いのは炒めたりおひたしにするのに使いやすく価格もお手頃なのでよく買います。

とにかく春にはアスパラを見たら食べずにはいられないのです!(笑)
ぜひ北海道の旬のアスパラガスを見つけたら食べてみてくださいね!