自然にふれあうために知床へ

※当サイトは、Googleアドセンスおよびアフィリエイトプログラムに参加しており広告表示を含んでいます。

北海道の大自然にふれあいたい・・・そう思って女満別空港に降り立ちました。
レンタカーを借りていざ出発!
想像をこえたドライブが待っていたのでした!

目次

まず向かうはウトロ方面へ

ウトロへ向かう途中に寄ったのは、「天に続く道」。
ガイドブックによると、全長が約28kmの直線道路で空に向かって進む道のようにみえる。
空港からだと「天に続く道スタート地点」の駐車場と展望台は知床半島側にあるので、反対側からの進んで行くことになります。

たしかに真っ直ぐな道でしたが、国道244号線にぶつかる時にちょっと曲がっている。なんにもない大地にまっすぐと思っていたのですが、途中市街地に入ったりと現地に来ないとわからない体験。

ずーと真っ直ぐな道を進んでようやく「天に続く道スタート地点」にたどり着き、来た道を振り返ると「あの光景が!」・・・・疲れが吹き飛んだ瞬間です。

滝と知床5湖

ウトロについたら次に目指すは、「カムイワッカ湯の滝」。
途中から砂利のくねくね道に心が折れそう。
到着したら川を上っていくと、水が温かい!もうちょっと上まで行けそうと思いながら、「一の滝」で満足しておしまい。
私が訪問した時は自由だったのですが、今は予約製になっているようですね。

くねくね道を戻り、「知床5湖」へ。
原生林の中で野生動物や植物の観察して、展望台から知床連山を見渡します。
展望台に登って見学するのですが、思ったり小さかったかな。

ウトロのホテルにチェックインしてのこの日はおしまい。

まずは観光船

朝イチでするのは、観光船。
2時間ぐらい船で揺られて知床観光を楽しみます。
世界遺産となっている知床は陸から景勝地には行けない所が多く、海から眺めるのも面白い。

運がよければ、ヒグマが見えるかも〜と言われて探していると、海岸線にちっさくみえました。

道東の最強パワースポット

観光しながら空港へ。
途中、斜里町にある道東の最強パワースポット「来運神社」を訪ねます。

パワースポットというので大きくて豪華な神社をイメージしていましたが、森の奥にある小さな神社でした。
ですがむしろ雰囲気があってご利益があるように思います。

冬でも凍らない『運が来る名水』があり、飲むと運が来て願い事が叶うらしい。
ペットボトルで持ち帰り、お茶で飲んだのですが・・・・。

道の駅

今回のルート上や近辺には、ひがしもとこ、めまんべつ、斜里、ウトロと道の駅が4か所あり、それぞれ特徴があります。特に、しれとこ斜里ねぷたの山車の展示や、新鮮な海の幸などが販売されていてオススメです。

新鮮な海の幸はもちろん、スイーツも販売されていますので、それぞれのグルメを堪能してください。

最後に

知床を満喫するには、1日や2日では絶対に足りませんので、温泉に泊まって、旅行の疲れはもちろん、普段溜め込んだストレスも発散して帰って欲しいです。

※画像はイメージです。

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次