地元民が選ぶ知床半島のお薦めスポット4選

知床半島は、地元が近くにあり、近いからこそ中々行く機会もありませんでした。
地元へ戻ってきて友達と一緒回ってみて、初めて解った知床半島の魅力。

知床半島といえば世界遺産として有名ですが、道民以外ではどこにあるのか解らない方も多いと思います。
また知っていはいるけれど、中々行ったこともないという方が多いのではないでしょうか?

知床半島とは、北海道の中心札幌市より車で7時間程度の場所に位置します、斜里町と羅臼町にまたがり、北海道の右上の端っこに位置する半島です。

地元民が選ぶ、思わず行ってみたくなる知床半島の魅力の観光スポット4つを紹介します!

その1 オシンコシンの滝

斜里町のチャラッセナイ川河口の辺りに滝で、アイヌ語で「川下にエゾマツが群生するところ」を意味する「オ・シュンク・ウシ」が名前の由来です。

交通手段は車でしかいけません。季節によっては、道路からでも山間にちらっと滝がみえます。
駐車場から歩き階段を上がると、すぐ真上にはオシンコシンの滝滝が見えてきます。
滝というと大きくて一本の水の流れと思われがちですが、こちらの滝は何本もの水の流れで滝が作られているので、幅広く壮大な滝です。

夏に行った際にはマイナスイオンがちょうどよく浴びることのでき、自然を満喫できる場所です。

その2 知床五湖

知床といえば知床五湖というイメージ強いのではないでしょうか?という程に有名で人気のあるスポットです。

知床五湖を探索するには2つのルートがありまして、高架木道と自然遊歩道であります。
気楽に歩きたいという方は、高架木道へ進みますと陸より少し高い位置にあり、道から周りの自然を一望することができます。

本格的にたのしみたいという方は、自然遊歩道のほうに進んでいくのがおすすめです。ガイドツアーに参加が必要となる制約ございますが、実際にヒグマも歩くような自然な道も楽しみいただけるようになっています。

その3 フレペの滝

高さ約100mぐらいの切り立った断崖から、何本もの流れが海へと直接流れ落ちる滝です。
滝といってもそれほど水が多く流れていなくて、しとしとと流れが涙のようで、別名「乙女の涙」とも呼ばれています。

知床自然センターの駐車場から徒歩20分ほどの見学地点いき、崖の上から滝を見学するので、他の滝とは見学する位置が反対になるのが特徴です。
それに加えてこの場所は自然動物が多く、ヒグマが出るような場所です。見学したとき、鹿を見ることができました。
知床半島を味わいたい!と思う方には特におすすめのスポットです。

その4 天に続く道

知床から少し離れる斜里町にあるあります。

ここは北海道できか見ることができない、真っ直ぐな道です。
ずーと真っ直ぐに続く道の先が、まるで天に登っていくように見えるので「天に続く道」です。

自然との融合が美しく、そして不思議でその景色をずっとみていられるような情景となっております。

おまけ

おまけとしてお勧めしたいものといえば、美味しい魚介類。
斜里、羅臼と美味しい魚介類たちに溢れて、調べれば調べるほどお店があります。

そして、どこも美味しくアットホームな環境なお店ばかりで、行ったお店は忘れてしまったんですが、焼き魚、お刺身ともに美味しかったのを覚えています。

たくさんの自然と魅力の詰まる知床半島へ、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。