道東を巡るなら、知床は外せない!

2021年9月道東ドライブ一周旅行。
期間は7泊8日、スタートは新千歳空港から旭川→紋別→知床→阿寒→釧路→帯広→富良野の順番でした。今回は、この中でも一番、記憶に残っている知床半島の滞在をご紹介いたします。

知床五湖散策

ウォーキングコースは3種類ほど用意されていて、湖を1周するコースでは事前にレクチャーを受ける必要があります。10分ほど受けた後、いざ散策スタート。最初は森林の中を散策し、途中から湖が出没、コースの最後では広大に広がるオホーツク海と知床の自然がダブルで広がる風景に移り変わります。

ヒグマが出没することもあるため、最初は恐る恐る歩き始めたのですが、自然の美しさに魅了され、クマのことは頭から抜けてしまいます。散策の途中には撮影スポットが数多く用意されていて、自撮り棒があると間違いなしです。
散策の際は、トレッキングシューズとウォーキングに適した服装がマスト。

北こぶしリゾートのサウナ

サウナ雑誌に取り上げられるサウナを有する、知床随一のホテルです。
『北こぶし』とは白いお花の落葉高木の名前だそう。

コチラのサウナが素晴らしい理由は、自動ロウリュ付きの適温に保たれたサウナ、サウナやお風呂から見るオホーツク海の雄大な景色、サウナのあとの外気浴スペース(2021年9月時点では、屋上外気浴へは行けませんでした。)が用意されている。
以上の3つが挙げられます。

特徴的だったのが、サウナ内での抽象音楽。恐らく海辺の音(録音かリアルタイム)がサウナ中に静かに響いて、都会のサウナでは味わえない景色と音楽で癒されました。
日帰り入浴もやっているので、知床に行った際はお立ち寄りをおすすめします。

北海道 世界遺産|北こぶし 知床 ホテル&リゾート【公式】

北海道・世界遺産 知床半島の観光拠点に最適なウトロ温泉のリゾートホテル 北こぶし 知床 ホテル&リゾート。オホーツク海に…

天に続く道

北海道ならではの直線道路。どこまでも続く道は、北海道以外では見ることのできない景色です。無料で駐車場も用意されていて、平日午前中なのに撮影待ちで数組が常に待機している状態でした。

スタート地点に立つと、まっすぐ直線的に続く道と、左右に広がる広大でのどかな風景に圧倒されます。『天に続く道』のスタート地点は、知床へ行く際はぜひ立ち寄りたいポイントです。

知床峠展望台

わたし達は早朝、日の出前に雲海目的で向かいました。道中、エゾシカが道端を歩いていて、走行車両もほとんどない山道だったので神秘的なものを感じました。
残念ながら雲海は見ることが出来ませんでしたが、海の向こうの国後島をくっきり、間近に見ることが出来、北の地に来たことを実感しました。

最後に

知床は1泊2日でも十分に満喫することができる、自然豊かで非日常を味わうことができるスポットです。
道東巡りの際は、ぜひお立ち寄りをおすすめします。

※画像はイメージです。

北海道旅行記・手記の最新記事8件