然別湖コタンで雪と氷の村人になろう

北海道鹿追町にある然別湖。暖かい季節はボートや釣りなど綺麗な湖を楽しむ人も多いですが、冬になると一変。
物語の中に入り込んだような白銀の世界、雪と氷の村人にあなたもなってみませんか?

極寒の地だからこそできること

北海道は不思議なもので地域によって気温も寒さも雪の量も全然違っていて、山と海に囲まれている十勝は、氷点下20度ほどまで気温が下がることもあります。
特に然別湖は北海道で1番標高が高いところにあるため、氷点下30度を下回ることもある超極寒地域です。
町のお祭りかな、然別湖の近くでなにかやっているのかなと思うかもしれませんが、凍った湖の上で行われるお祭りなのです。

冬になり、ゆっくりと分厚く凍った湖の上で開催される「然別湖コタン」
毎年だいたい1月末〜3月中旬まで行われています。
そこにある建物は全て湖の氷と雪でのみ作られており、透明度が高く昼でも夜でも輝いて見えます。
限られた期間しか存在しない幻の村、運が良ければダイアモンドダストも見ることができますよ。

氷と音楽

入り口の方へ行くと巨大なかまくらのような建造物がいくつか見えてきます。1番近くの建物に入るとそこはなんと氷の音楽ホール。
子どもも大人も楽しめるミニコンサートが開催されています。

雪と氷のステージで奏でられる優雅な音楽。雪で作られた椅子や簡易マットが敷かれているので、座りながらゆっくり楽しむことができます。
分厚い雪と氷で音響もばっちり。タイミングが合えばぜひ聴いてみてほしいです。

アイスonアイス

続いて全てが氷で作られかアイスバー。
カウンター、お酒ラック、椅子、グラス、全てが氷で出来ています。目にした瞬間に思わずおぉ〜と声が出てしまう光景がそこにあります。

自分でグラスを作ることもできますよ。自作のグラスで一杯どうですか?お酒のみならずジュースもあるので、飲めない方も楽しめます。
温かい飲み物もありますが紙コップでの提供なので、一杯だけでもぜひ冷たい飲み物を氷のグラスで味わってみていただきたいです。

白銀の世界で心も身体も

そして醍醐味は氷上露天風呂です。
更衣室も浴槽ももちろん全て氷と雪でできていますが、温泉は源泉掛け流し。十勝は美人の湯で知られる温泉の名所でもあるので、効能ばっちりです。
露天風呂は2つありどちらに入っても大丈夫ですが、混浴となるため水着等を用意していくといいかもしれません。

氷点下の中で脱衣し温泉に入るまでは、肌がビリビリと痺れるような寒さに襲われますが、白銀の世界を眺めながら入る温泉は格別です。
温度が高めなので、少し身体を出してクールダウンしながら入るのがオススメです。その入浴の仕方をすると数分で髪の毛が凍るという珍体験もできます。
男性女性それぞれ専用タイムもありますし、足湯も近年建設されたので、混浴が気になる方でも楽しむことができます。

更に極寒の地を楽しみたいという勇者のかたにはぜひアイスロッジも利用していただきたいです。
建物からベッドまで全て雪と氷で作られた空間で寝袋に包まって過ごせます。

中は暖房はありませんが、不思議なことに外よりも気温がぐんと上がるので意外と快適。
一歩外に出ると満天の星空を眺めることができます。
あまりにも寒さに耐えられない方はすぐ近くのホテルに戻ることもできるので、ある程度満喫したら引き上げてもいいかもしれません。
夜になると周囲や建物は淡くライトアップされていてとても幻想的な風景なので、ぜひ短時間でも体験してみてほしいです。

幻の村で愛を誓おう

2月中旬になるとアイスチャペルが登場します。
極寒の中、そこで結婚式を挙げる方も少なくありません。

もちろん十字架や祭壇も雪と氷で作られていて、陽に照らされキラキラと輝いて見えます。
夜になるとキャンドルが灯され、昼間とはまた一変した世界を堪能できます。

最後に

1人でも友達や家族と、恋人や夫婦と様々な楽しみ方がある然別湖コタン。一度行けば何度も足を運びたくなる魅力に溢れています。
極寒の中でも不思議と暖かく感じる時間は、その後の人生になにかしらの彩りを与えてくれるはず。
非日常的で幻想的な世界に、足を踏み入れてみませんか?

※画像はイメージです。