創成川にサケ遡上!

札幌市内中心部を流れる創成川。その創成川にサケが遡上したというニュースがありました。10月下旬、創成川を覗いたところ、十数匹のサケが泳いでいるのを発見しました。
私は創成川では初めてサケを見ましたが、過去にも遡上していたようです。

創成川とは

創成川は札幌市の中心を流れる石狩川水系の川です。川といっても人口河川で江戸時代に開拓の為の用水路「大友堀」として作られました。
創成川を起点に札幌は住所が東西に分かれます。2011年には創成川公園がオープンして、中心部で水と緑に親しめる憩いの場となりました。

創成川にサケ遡上は20年ぶり?

豊平川さけ科学館によると2002年12月~翌2003年1月にも創成川でサケの遡上と産卵が確認されているようです。
また、その間もサケの目撃情報はあったとのこと。

創成川にサケが遡上した理由は同じく豊平川さけ科学館によると
「豊平川に迷い込んだか、稚魚のころに豊平川から創成川に流れ込み成長して戻ってきた可能性がある」
ということでした。

遡上しているサケ

私が川を覗いてみると手前に2匹と離れて1匹確認できました。産卵期の紅色に染まった魚体でした。
もう産卵間近なのか、身体の所々が白くなってました。

少し下流に行ってみると、また2,3匹、また離れたところに数匹と合計10匹以上確認できました。
既に産卵が終わったのか死んでしまっているサケも数匹おりました。

まとめ

創成川は紅葉が綺麗で、とても美しい季節になりました。
都会の中心部なので、所々にゴミが捨てられているのが非常に残念です。それでも清掃されている方もいらっしゃり比較的綺麗に保たれています。

サケが産卵して毎年創成川にサケが遡上すると楽しみです。

 

きになるの最新記事8件