鮭ルイベで白米を食べ尽くす

北海道と言えば海の幸っていうのは定番だし、回転寿司ですら鮮度抜群で、ネタも大きくて食べごたえ抜群!
北海道に旅行に訪れるときには、必ず海産物を食べたり、お土産に購入しています。
そのなかで、炊きたてご飯がすすむ「おかず」として「鮭ルイベ」がおすすめです!

佐藤水産「鮭ルイベ」

毎日でも海産物を食べたいって思ったら、お取り寄せもできるのが、佐藤水産。
様々な加工品も販売していて、本店は広々としていてお買い物も楽しめるラインナップです。たくさんの海の幸がある中でも『鮭ルイベ』は格別でした。
しかも、ふるさと納税の返礼品としても佐藤水産の鮭ルイベはあるんだから、道民お墨付きの商品だと思います。

鮭ルイベとは

ちなみに、鮭ルイベについて説明しておくと、ルイベは刺身を凍らせて食べる北海道の郷土料理。
アイヌ語で「ル」は溶ける、「イペ」は食べ物って意味があるらしく、凍らせた後、溶けたところを食べることをルイベと呼ぶそうです。

主に鮭でつくるみたいですが、マスでもつくることがあるみたいですね。

おすすめの鮭ルイベ

鮭ルイベには鮭のみならず、贅沢に『いくら』が混ざって、しかも140gで800円台で購入できます。
私が購入した佐藤水産本店では、171gと240gのサイズもありました。

家族構成で選べるサイズ展開も嬉しくなるポイント。この鮭ルイベ、とにかくお米が進むんです。
とにかく味が濃い目なので、たった一切れでごはん1杯を完食できるレベルですよ!

鮭ルイベのアレンジ

鮭ルイベは、アレンジすることもできるんです!これは道民ならみんなやっているらしく、著名人もオリジナルの鮭ルイベを堪能しています。
個人的には「わさび」がお勧めで、ツンとくるわさびの風味がさらにごはんに合います。
お酒のつまみにもなりますし、ごはんの一品になり、海産物が好きなら一度は食べてほしいです。

いくらのプチプチした食感、鮭のねっとりした食感、味は塩っけが強いので、大量には食べられないけど間違いなくあとを引く旨さ。
個人的には、北海道のお米やお酒と合わせてほしい一品です。

北海道に旅行に来たときのお土産には「鮭ルイベ」を!
もちろん、取り寄せでもお勧めです!

※画像はイメージです。

ショップ・グルメの最新記事8件