リゾットはいかが?「Risotteria. GAKU bis」

札幌在住の親族が引っ越したとのことで、新居を見に行くべく飛行機で札幌まで泊まりがけでいった。そこでせっかくだからと札幌在住の友人に連絡を取り、ランチを共にすることになった。

筆者の経験として、「遠方に出かける際は下手に自分で店を探すより地元に住んでいる人のおすすめを聞いた方がハズレがない」というのがある。友人に店の選定をお願いし、連れられたお店がこちらである。

「RIsotteria.GAKU bis.(リゾッテリア ガク ビス)」

狸小路近くのビルの2階に店を構える、北海道の食材をふんだんに使ったリゾットを提供する専門店だ。
本店は時計台近くにあるが、席数がかなり少なく(ホットペッパーによれば23席)予約不可ということで、今回はこちらの店を訪れた。

落ち着いた店内で絶品のリゾットを味わう

店内はこじんまりとしつつもナチュラルな落ち着いた雰囲気で、女性客が多い。多種多様なリゾットがメニューを賑わせる(何とリゾットだけで4ページにわたる)中、今回は1470円のセット「本日のシェフのおすすめリゾット」を注文した。

まず写真を見てほしい。ランチセットの前菜だ。

みずみずしい葉物野菜のサラダ、人参の甘味が引出されたキャロットラペ、柔らかい生ハム。これだけでもちょっとした軽食になるが、満足してはいけない。メインディッシュはこの後だ。

そして、こちらがメインディッシュの野菜と牡蠣のリゾット。リゾットの量はS,M,Lの3種類から選べる。それぞれS=160g、M=320g、L=480gだ。筆者が頼んだもの(写真)はMサイズである。

気になるお味だが、牡蠣はクリーミーで美味しいのはもちろんのこと、野菜は香り高く焼かれており、焼き野菜とはかくも美味しい物だったかと驚嘆した。
ちなみに、大半のリゾットは+140円で「焼きリゾット」にできる。

同行者が焼きリゾットを頼んだが、表面をバーナーで炙っただけのものかと思いきや、鉄製の皿に盛り付けたリゾットをオーブンでしっかり焼いたものが出てきて驚いた。焼きリゾットの見た目はリゾットというよりは、ドリアに近い。
さすがに一度に2食リゾットを食べるほど空腹でもなければ大食漢でもなかったため食べ比べはしなかったが、同じ味でも通常と焼きで違った味わいが楽しめそうだ。

デザートは上品な桃のジェラート。冷た過ぎず、温まった口と体に優しい。桃の甘さが楽しめた。

おいしいリゾットが食べたければ是非足を運ぶべき

地元在住の友人が推してくれたお店であるし、まずハズレではないだろうとは思っていたがクオリティの高さに驚嘆した。本当にこの値段でいいのか。美味しさと価格のバランスが良い意味で取れていない。

札幌で見た目も味も楽しめる洋食を探していたら、訪れてみるのはいかがだろうか。

risotteria-gaku 店舗情報

住所:札幌市中央区南2条西2丁目 札幌NSビル2F
営業時間:11:30~22:00(L.O 21:30)
定休日:不定
TEL:011-281-2822