RISING SUN ROCK FESTIVAL の思い出

8月中旬に石狩地区で行われる、その名の通り朝まで続くロックフェス。
コロナの影響で、2020・21年は中止となってしまいました・・・しかし、心底また行きたいと思えるフェスなので、あえて紹介させていただきます。

RISING SUN ROCK FESTIVALとは?

最低限のマナーを守れれば細かいルールは無し、会場内にテントを張って、お気に入りのアーチストとオールナイトで盛り上がる、ロックの楽園というようなイベントです。
1日中どこにいても音楽に囲まれる空間は最高以外の何者でもないです。

そしてなんといっても会場がめちゃめちゃ広くて、高低さもあって端から端までのステージの移動時間は50分程かかるくらいです。
ステージがたくさんあり同時進行でライブが進んでいくので、目当てのアーティストによっては友達と別行動になることも度々ありました。ただそんなことも気にならないくらいどのアーティストも盛り上がるので本当に楽しいです。見たいアーティストが多過ぎて、自分が分身できたらいいのにと1日に何度も思ってしまいます。

RISING SUNは、深夜のライブはラインナップが濃くなるので寝る暇もないくらい没頭してしまいます。

全国各地から集まったファン

全国各地から集まった色々なアーティストのファン達を見るのも楽しかったです。
お気に入りのグッズを身に纏い臨戦態勢に入る姿は、ファン共通であり世界共通なんだなと思い知らされます。
音楽は世界平和に貢献していると感じられる一幕が必ずあります。

悪い人がいれば良い人もいる・・・ですが、ここで1日過ごせば必ず良い人に巡り会えます。
アーティストから受けとるメッセージも自然溢れる北海道ならではのトークも多く普段と違う一面を見られるのもオススメポイントです。

更に初めましてのアーティストを見ることもできるのが醍醐味で、自分が参加したとき、明け方に初めてのアーティストで「くるり」音楽を聴きました。
心に染み入るとはこういうことなんだなという感動がありました。

他にもいろいろ

飲食店も至るところに広がり、ジンギスカンなど北海道ならではのフェス飯も多く出店しています。
エリアによって特色も違うので食べ物も飲み物も困ることはないです。
朝まで飲んだり食べたり、色々楽しめます!

大自然のなかで音楽を感じたい!
好きなアーチストがいる!
朝まで音楽を楽しみたい!
こんな方にはぜひお勧めのイベントです!

ちなみにですが、屋根のあるステージもあるので雨でも楽しめましたが雨が降ると大部分は泥沼田んぼ状態になり、履いていった靴は捨てるはめになりました。
参加するとき長靴があるとよかったと思います。

※画像はイメージです。