人生で一度は訪れたい!最北の地 利尻島

北海道最北部、稚内の西側に浮かぶ利尻島。独立峰利尻山を中心とするこの円形の島には、自然が織りなす力強い絶景が溢れています。

離島・利尻島。でも人が暮らした歴史は深い!

そびえたつ独立峰を中心にきれいな円形を描くこの島は、その外観から想像がつく通り火山活動によって生み出された火山島です。誕生のきっかけとなったのは200万年前の海底噴火。利尻山自体は有史以来、噴火活動を行っていません。

稚内から50kmほど離れた場所にあるこの島には、いつ頃から人が住み始めたのでしょうか?実は利尻島には大昔から人々が暮らしていたのです。その証拠に、島の西部にある亦稚(またわっか)には縄文〜擦文時代の遺跡が出土しています。また、北海道の地名の例にもれず、この利尻島もアイヌ語の由来を持ちます。
リ・シ?(高い・島)、厳しくそびえる利尻山は、アイヌの信仰の対象であったとされています。

その他数々の伝説が残っていたり、地名のほとんどがアイヌ語由来であったりすることからも、アイヌが活発に生活していたであろうことが覗えます。現在では5,000人ほどが暮らしており、昆布やウニを中心とした水産業が盛んに行われています。

利尻島を観光したい? まずはこれだけ知っておいて!

「利尻昆布」「甘露泉水」など雄大な自然の恵みが人々の暮らしとともにある島。利尻に来たら絶対に口にするべし!
水産業が活発な一方、酪農業は殆ど行われていないのが特徴的です。

利尻島には利尻空港、またフェリーターミナルがあり、飛行機は新千歳または丘珠空港からの便が1日1便〜、フェリーは稚内との間に1日3往復の便があります。特に観光シーズンである夏季は満席となることが多いため、早めの予約は必須です!
島内での移動手段はレンタカーもしくは観光バス、路線バスが主となります。主な名所を観光バスで効率よく回るもよし、自分のペースで自然や街の雰囲気を楽しめるレンタカーや路線バスを利用するもよし。利尻島は1周60km弱なので、それほど気負うことなく各地を巡ることができます。

ここにしかない自然を味わえる!おすすめ観光スポット5選

私の自薦ですが、利尻でしか味わえない!自然を味わえる観光スポットを5つ紹介いたします。

利尻山

何といっても利尻山!この存在感と豊かな自然は、人々の心を惹きつけてやみません。リシリアザミやリシリヒナゲシといったここにしかない固有の高山植物も見ることができますよ!ただ、難所の多いコースもありますので、自分に合ったコースで安全に楽しみましょう!
「利尻ルール」として島が定めた3つのルール

  • 携帯トイレを使う
  • ストックにキャップをつける
  • 植物の上に座らない、踏み込まない

これらを絶対に守りましょう!

仙法志御崎(せんぽうしみさき)公園

島の南端に位置する公園。荒々しくも青い海と、黒々とした歪な形の岩々が織り成す力強い光景に圧倒されること間違いなし!お土産屋もあり、様々な昆布商品を購入できます。運が良ければ、アザラシにも出会えるかも!?

オタトマリ沼

利尻最大の湖沼であり、鬱蒼としたアカエゾマツの原生林、深い色の湖、そこに映る秀麗な利尻山。濃厚な自然の気配に心から浸ることができます。沼は周囲1km、ぐるっと1周散策するのがおすすめです!

姫沼

こちらも利尻山を映し出す美しい沼。晴れ渡って水面が穏やかな日には、まさに鏡のようにくっきりと逆さ利尻と原生林を映し出します。駐車場もありますが、姫沼口から20分ほど、自然を楽しみながら徒歩で向かうのもおすすめですよ!

ペシ岬

まるで大きな鯨が水面に頭を出したかのような、変わった形をしたペシ岬。灯台、展望台、会津藩士の墓などがあります。標高90mほどで、急な坂を上り切れば北海道本島も望むことができるおすすめスポットです。

最後に

北海道の最北部にある離島、利尻。その景観が、空気が、食べ物が、心を解放感でいっぱいにしてくれます! 人生で一度は行ってみたい、そして、一度行ったら忘れられない……そんな不思議な魅力にあふれた島を、是非訪れてみてください!

※新型コロナウイルス感染症の影響で、渡島の自粛が呼びかけられることがあります。島が発表する来島者へのメッセージを読んだうえで、感染症を持ち込まないよう十分に配慮した行動を心がけましょう。

お勧め観光スポットの最新記事8件