邪気をもって邪気を制する?! 烈々布神社

仕事ではミスばかり、プライベートでもうまくいっていない・・・そんなときにピッタリの神社です。

札幌駅からは地下鉄乗車11分、地下鉄東豊線「栄町」駅からは徒歩8分で到着します。
丘珠空港通りをまっすぐ西に歩くだけですので、道程はわかりやすいです。
目印には、神社の目の前に比較的広い敷地のひのまる公園があります。

祀られた神様は北海道最多の九柱

札幌市東区にあるこの神社は、「れつれっぷ」神社という難読名。
明治の北海道開拓時代に、この周辺を烈々布地区と言ったことに由来します。

建立は明治22年と古く、最高神の天照大神を筆頭に大巳貴神・少彦名神・埴安姫神・倉稲魂神・誉田別尊・菅原道真・崇徳天皇・三吉大神と、実に九柱の神様が祀られています。
北海道でも最多数の神様を祀っている、ご利益満点の神社です。

日本最強怨霊とも言われる崇徳天皇

祀られている神様のひとつに、崇徳天皇があります。
百人一首では、現生で結ばれない悲恋の歌を謳われたロマンティックな天皇ですが、その運命は数奇なものでした。
当時の権力者白河院の隠し子と噂され、保元の乱に敗れて讃岐の国(今の香川県)に配流されます。

その生活のひもじさから、京の都を呪って亡くなったと言われています。
のちの雨月物語や椿説弓張月にも、強力な怨霊として登場し、日本三大怨霊の一人にもなっています。
神社にあった御祭神が書かれた石碑にも、崇徳天皇だけはそのご利益が書かれていません。
その名を口にすることさえ憚られる強大な祟り神として、どんな災いも寄せ付けないのです。

怨念を鎮めるために祀られた学問の神、菅原道真

もうひとつ祀られている祟り神があります。
学問の神様として受験生にも人気の菅原道真公です。
この神様もまた、日本三大怨霊の一人なのです。

学業成就の他にもご利益のひとつに厄払いがあるのを知っているでしょうか。
平安時代に学業優秀で宇多天皇・醍醐天皇と二代に仕え、右大臣にまで昇り詰めました。
ところが、権力闘争に巻きこまれ、九州の大宰府に左遷、その地で亡くなります。

菅原道真の死後、不吉な出来事が続いたことから、その怨念を鎮めるために神様として祀られたと言われています。
明晰な頭脳に裏付けられた呪力が、邪気を払ってしまうのでしょう。

怨霊説のある日本造りをした神様

日本の国づくりをしたことことから開拓の神として祭られる大巳貴神。
大国主命と言えばよく知られているでしょう。
「因幡の白兎」や出雲大社の御祭神として有名です。
大国主命が当時の大国の統治者で、それを滅ぼした勢力が呪われるのを恐れて、神格化し出雲大社に祀ったという説があるのです。

その人気を妬まれ追い出された名君、三吉大神

「さんきち」さんの愛称で親しまれる三吉大神は、東北生まれの郷土神です。
元は豪族の主君で、その高い能力と優しい人柄が誰からも親しまれたといいます。
その人気ぶりを妬んだ他の豪族たちからその地を追い出されたため、山に籠って神通力を身につけ神様になったというのです。

過酷な修行に耐え抜く精神力を支えたのは、自分を貶めた豪族への恨みだったとしたら、三吉大神もまた、強力な怨念を持っていると言えます。
勝利の守護神とも言われ、勝負運を呼び込む力を持っています。

一度の参拝でたくさんのご利益を授かるコスパ良し神社

これだけの呪力を持つ神様を集めた神社ですので、厄払いにご利益があるのは間違いありません。
その他にもご利益のある神様がまだまだ祀られています。

  • アイヌ神話にも登場するコロポックルと同族とも言われる少彦名神は、病気平癒。
  • 火に熱せられることで生まれる土器の神様である埴安姫神は、火難除け。
  • 穀物の神様で稲荷神社の祭神でもある倉稲魂神は、商売繁盛。
  • 元は応神天皇であり武家の守護神とも知られる誉田別尊は、繊維業振興。

お賽銭を弾んでも、十分なご利益が受けられるでしょう。

同じ道路沿いには、北海道の有名餃子店「みよしの」もありますので、悪い運気を払ったあとはニンニクたっぷりの餃子を食べれば、心身ともにパワーアップすること間違いなしです。

烈々布神社の施設情報

住所:〒007-0842 北海道札幌市東区北42条東10丁目1−11
電話: 011-711-9773
公式サイトはこちら

定番観光・テーマパークの最新記事8件