リゾート婚と新婚旅行めぐる北海道の旅

数年前の初夏、憧れの北海道で新婚旅行を兼ねて、結婚式を挙げました。
函館から、登別、札幌と回り、結婚式は新富良野プリンスホテル「風のガーデン」、その後にはトマム、帯広と北海道の周遊です。

まずは函館から

函館に着いたときに写真撮影をお願いした方が、北海道中を取材されている記者の方で北海道ならここに行った方が良いなど様々なアドバイスを頂いたので、予定を少し変更。
思いもよらない良い観光地を知って、幸先良いスタートです。

チャーミーグリーンの坂で写真を撮り、函館山にロープウェーで登って夜景を見ました。とても素晴らしい夜景で、普段絵ハガキなどで見ていた風景が実際に目の前に広がりとても感動しました。
早速教えてもらった穴場のお寿司屋で、晩ごはんを頂いたのですが、これがまたたまらない新鮮な魚介類に舌鼓です!
泊まったホテルはラビスタ函館。朝食はイクラの山盛り丼!鼻からイクラが出てきそうなくらい食べました!

次の日は登別へ

登別へ移動する最中にGLAYのメンバーがバイトしていたという「ラッキーピエロ(通称:ラッピー)」を見かけました。
でも満腹だったのですが、お昼にと「チャイニーズチキンバーガー」を買ったのですが、食べるのがやっとなぐらい大きくて、甘辛の油淋鶏みたいな味だから「チャイニーズ」なのかと知りました。

登別では、有名なクマ牧場を見学、愛想の良いクマに癒やされます。クマ牧場でお勧めなのが「アヒルレース」。
クマ牧場なのになぜ?なのですが、予想の全くつかないレースの展開に大笑いです。

登別の温泉街は、至る所に鬼がいて、閻魔大王もいる面白くて不思議な街です。
宿泊は「まほろば」という旅館。さすがは登別!温泉も料理も堪能させて頂きました。

そして札幌へ移動

札幌に来たらやっぱりクラーク博士と写真を撮らないと気が済みません!念願の写真を1枚。

その後、札幌駅の周辺を回り、大通公園、テレビ塔へ。
なにかに東京タワーに似ているとおもったら、設計した人が同じなんですね。ちょっと勉強になりました。

狸小路でお勧めの味噌ラーメンを食べ、その足で富良野へ向かいます。
札幌の味噌ラーメンは、コクがあって美味しいのですが、ちょっと思ったのと違う味でややがっかりです。

富良野で結婚式

なぜ富良野かといえば、妻が「風のガーデン」で結婚式を挙げたいと前々から言っていたので夢が叶いました。
地元の結婚式場で結婚式を挙げるというスタイルも、もちろん魅力的ではありましたが、全く知らない土地で挙げると言うのも新鮮で良いです。
全く知らない方々から祝福の言葉をかけて頂いて、このような結婚式も良いなと感じました!

初夏の北海道は色とりどりの花々が咲き、注ぐような爽やかな風。一生わすれることがない、すばらしい結婚式となりました。
北海道でよかった。

新婚旅行でトマムへ

次の日はトマム行きました。ここからが新婚旅行本番です。そしてトマムと言えば、雲海ですね。
その日は地元情報によると雲海を見ることができる確率は数%と非常に低いもので、朝4時頃起床してゴンドラで移動しました。
前日に天気が非常に悪く、集中豪雨だったのですが、その影響か見事立派な雲海を見ることができました!

宿泊はタワーホテルで!何階に泊まったかは忘れましたがかなり上の階だったと思います。
そこから見る、夏の北海道の景色も忘れがたく、よい思い出です。

最後に帯広

次の日は帯広へ行きました。目当ては六花亭!
素敵なお皿にバターサンド!これを食べないと六花亭は語れませんね。

帰りは旭川空港から飛行機で東京まで。
帰る前にエビみそラーメンを食べました。これがまた美味しい!

改めて北海道は大きいなと実感、偉大さを感じながら、素晴らしい旅行ができました。
またいつの日か訪れたいですね。

※画像はイメージです。

北海道旅行記・手記の最新記事8件