ポケモンマンホール「ポケふた」比布(ぴっぷ)町レポート

北海道内15箇所に設置されたポケモンマンホール「ポケふた」を回って紹介していきます。
最初に比布町の「ポケふた」をレポートします。

ポケふたはポケモンファンのみならず、様々な方からの人気を得ており、週末になると訪問する方が絶えないようです。
その中でも比布(ぴっぷ)町のポケふたは「日本一過保護なマンホール」として、SNSで話題になっています。

いったいどういうことなのか気になりますね?

設置場所

設置場所は、北海道上川郡比布町。
旭川の隣の街、北海道の真ん中あたりで上川盆地にある町です。
「ピップエレキバン」CMでそんとなくご存知の方もいるかも?

その比布町のJR北海道宗谷本線 比布駅の敷地?に設置されています。
駅を出てすぐ右側の仮設テントがあり、その下に設置されているのでとても解りやすい。

日本一過保護なマンホール

テントに近づくと最初に目にはいってくるのが、この看板。
見学する方が雪をどけられるように、専用?!のスコップとホウキが置かれています。
「ポケふた保存会」という活動もあり、町のポケモンマンホールに対しての愛を感じざるをえません。

看板に書いてある通り、やさしく雪をどかしてGETするのですが表面が凍っていたり汚れていたりで、あまりきれいな状態ではありませんでした。
そこで車に積んであったウインドウォッシャー液をつかって洗ってあげたらきれいになりました。

ポケふた考察

ポケふたに描かれているポケモンは「アローラロコン」と「ポッチャマ」。
アローラロコンについては、北海道だいすき発見隊に任命されているのポケモンなのですが、「ポッチャマ」は??

最初に思いついたのは、旭山動物園が近く、ペンギンの散歩や水中トンネルが有名なので「ポッチャマ」なの?と思ったのですが、実のところは「ポッチャマ」の英語名「Piplup」で、それが比布(ぴっぷ)にかかっているからという話らしいのですが真相は不明です。

ちなみに、ポケふたの上にあるマンホールは、比布町のゆるキャラ「スノーベリーちゃん」です。
「いちごちゃん」とも呼ばれているとか。

見学メモ

比布駅を出てすぐ、仮設テントもあってとても解りやすく便利です。
電車を利用して見学される方は、JR北海道宗谷本線はローカル線で1時間に1本程度しか通っていませんので時間に余裕をもったスケジュールで。
車を利用される方は、駅に無料の駐車場があります。

駅の前には、個人の住宅がありますので朝晩の見学には十分配慮してください。

雪の降らない地方から見学される方に注意ですが、北海道の冬場は雪がたくさん降ります。
テントやスコップなど対策はされていますが、埋もれてしまうこともありますので、雪のない時期の訪問の方がストレスが少ないのでオススメいたします。
私も2019年の春に移住してきて、その年は雪が少ないと言われていたのですが想像を絶するほどでした。

ちなみに、このあとも何箇所かポケふたを回りましたが、比布町がどれほど「過保護」なのかを実感しました。
これからイベントや取り組みでどんなように展開していくのか期待しています。

(2020年3月訪問)

ポケモンマンホール「ポケふた」比布町 の詳細情報

住所:北海道比布町西町2丁目6番1号
設置場所:JR北海道宗谷本線 比布駅出てすぐ左の敷地内?
関連サイト:ポケモンローカルActs

サブカル・聖地・B級・珍スポの最新記事8件