ポケモンマンホール「ポケふた」大空町レポート

北海道内15箇所に設置されたポケモンマンホール「ポケふた」を回って紹介していきます。
大空町の「ポケふた」をレポートします。

今回の訪問では、思わぬトラブル?が起きてあ然としてしまうのでした。

設置場所

設置場所は、北海道大空町女満別本通1丁目。
四季折々の自然が楽しめる網走湖や北海道東部の玄関口、女満別空港がある町なのですが、関東からきたばかりの私にとっては、今ひとつピンとこない町です。

ポケふたはJR北海道 石北本線の女満別駅の駅前広場の掲示板?の横辺りにあるという事なのですが・・・・

ポケふたが見つからない!

駅に備え付けてある、ポケふた設置箇所の説明をみて、解りやすい場所にあるとおもったのですが・・・一面の雪。
除雪した跡があるので、そのあたりを探せば良いのかな?と思い、探しても見つかりませんでした。
駅の従業員さんに聞いてみようとしても事務所らしき物はあるのですが、無人駅で誰もいません。

仕方なく駅に併設されている図書館の司書さんに大体の場所を聞いてみても、ココだ!という場所は解らず、なおかつ雪に埋もれているのかもしれません?と。

札幌方面から来ていて、遠くてなかなか来る機会も少ないので諦めきれず、駐車場の除雪用に車に積みっぱなしているスコップで掘り返していると、もう一組、ポケふたを回っている同志wがやってきて、さらには心配になったのか駅の図書館の司書さんも駆けつけて大捜索が始まるのでした。

写真や司書さんの証言から推測し、あちこち掘り返すのですが見つからず・・・諦めムードが漂うなか、女性の方が「見つけた!」と叫ぶのです!!!
写真では道からすぐに見えますが、そもそも道との境界がわからず実際には思ったより奥だったのでした。

これは流石にわかりずらい、次に来た方がすぐに見つけられよう雪を掘った跡をつないでたどり着けるように道をつくり、落ちていた棒をさして置くことにしたのでした。

ポケふた考察

ポケふたに描かれているポケモンは「ムクホーク」の背中にのった「ロコン」。
大空町なのでイメージにあう飛行タイプの「ムクホーク」で、色も空をイメージした青です。

見学メモ

結局、見つけるのに約1時間も除雪をする事になってしまい、後のスケジュールに影響が・・・・。
さらには他の見学者さんや駅の図書館の司書さんの協力がなければ、諦めていたかもしれません。

北海道が雪が多いのは仕方なのないのですが、折角の観光資源が台無しです。
「ポケふた」は株式会社ポケモンさんが地域振興の目的で自治体へ寄贈し、とても人気があるので2019年12月の段階で新規の受付を中止しています。

自治体の選定に関しても町とポケモンのイメージがあうかなど、おそらく慎重に選考しているはずで、選ばれるのは町として、とても名誉な事です。殆どの自治体さんは大切に管理されているようですから、この扱いには不満を感じてしまいます。

一緒に捜索していた頂いた方が別れ際に「ポケモンファン舐めるなw」のような一言が印象に残っています。

(2020年3月訪問)

ポケモンマンホール「ポケふた」大空町 の詳細情報

住所:
設置場所:
関連サイト:大空町サイト広報より

前回の訪問記事はこちら

ポケモンマンホール「ポケふた」比布町レポート

サブカル・聖地・B級・珍スポの最新記事8件