定期観光バスピリカ号の旅

2019年9月上旬、道東を旅行し、どうしても摩周湖に行きたかったから、釧路発着の定期観光バスピリカ号を利用しました。

ピリカ号のバスツアー

午前8時に釧路駅発着の定期観光バスのピリカ号に乗車しました。ツアーには観光地を案内してくれるガイドさんが同行してくれます。
料金は、釧路市内〜釧路市内がおとな4600円、釧路市内〜釧路空港がおとな4300円、釧路市内〜阿寒湖温泉がおとな3290円となります。

経路は、釧路湿原展望台を車窓見学→摩周湖第1展望台(30分)→硫黄山(30分)→屈斜路湖(30分)→阿寒湖温泉(2時間)→釧路駅です。
阿寒湖温泉に宿泊の方は阿寒湖温泉で途中下車することになります。

楽しみの摩周湖

私がツアーで1番楽しみにしていたのは摩周湖で、既に3回くらい行っています。
そのうち2回は霧が晴れて絶景でした。

何度でも行きたいと思うぐらい素晴らしい景色ですが、霧が晴れた摩周湖を見ると婚期が遅れるという都市伝説があるそうです。
迷信だと信じたいです。

もっと景色を楽しむ時間が欲しかったですが、集合時間が来てしまったのでバスに乗り込み摩周湖を後にしました。

次は硫黄山

次は硫黄山に行きました。
名前の通り硫黄のにおいがします。

足場が悪いため注意して歩かないといけないです。
奥に行くと硫黄が噴き出し、見るからに熱そう。
長い時間かぎ続けると頭が痛くなりそうなぐらい、硫黄のにおいが強いのに注意ですね。

レストハウスで少し休憩し、売店を見たところで時間がきたので、バスに乗り込み硫黄山を後にしました。

次は屈斜路湖

次は屈斜路湖に行きました。
砂湯がありましたが、汚れるのと時間があまりなかったので入りませんでした。

売店には飲める温泉があり、飲んでみると酸っぱいようなしょっぱいような味がしました。
あっという間に時間が経ちました。屈斜路湖を後にして阿寒湖温泉に向かい、ツアーが終わりました。

日帰りの場合

日帰りの方は阿寒湖温泉での自由時間が2時間ありますますので、昼食をとったり日帰り入浴したり、各自で自由に楽しむことができます。
その後釧路市内に到着したらツアー終了です。

ツアーを終えた率直な感想は、観光地にいられる時間がもう少し欲しかったです。
時間に追われるデメリットもありますが、険しい道を運転せずにすむのがメリットだと思います。

次は冬に運行されるホワイトピリカ号のツアーに参加したいと思います。

この記事どうでした?
  • 面白かった (0)
  • 面白くない (0)