小樽の心霊スポット 2選

小樽と聞くと幻想的な運河を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。それだけでなく寿司屋も多く、ガラス細工にも携われるため食や体験を楽しめるエリアでもあるのです。
しかしその反面、多くの心霊スポットが存在するのもまた事実です。

オタモイ海岸

最初に紹介するのはオタモイ海岸です。北海道というよりもむしろ沖縄のような景色を楽しめるスポットなのですが、市内でも屈指の心霊スポットとしても有名です。

日中は地元民が釣りをしている光景を目にすることが多いのですが、夜になると自殺志願者が多く訪れる場所に変貌します。海岸では実際何人もの遺体が上げられることがあり、夜にここに近づく人は基本的にはいません。

実はここにはかつてレジャー施設が建っていました。現在では火災で焼失してしまった何にもありませんが、参道や門が残されていて、この近辺には霊が出ると言われています。最も多いのは何かを見たというよりもラップ音を聞いたというもので、怪奇現象が起こっているのがわかります。

特に夜にここを訪れるのはお薦めできません。幽霊よりも海岸であるため非常に滑る危険性があります。

朝里温泉病院

次に紹介するのは、朝里温泉病院です。
朝里温泉は人気の温泉地で、多くの人が訪れています。かつてここに朝里温泉病院が建っており、それが廃墟となっていたのですが現在では取り壊されています。

廃墟があった頃は、様々な怪奇現象が起こっていて、いたずらで病院の残留物を持ち帰えってしまうと、か細い声で「返して下さい・・・・」と病院から電話が掛かってくるという話をよく聞きました。

更地になってはいますが、依然として夜な夜な霊がさまよっているという情報が後を絶たないのです。
確かに周りは少し不気味な雰囲気を醸し出していますので、夜に足を運ぼうという気持ちにはならないでしょう。

この記事どうでした?
  • 面白かった (0)
  • 面白くない (0)