北海道の旅行プランに一日で巡れるの「小樽」がお勧め。

美味しい海鮮と綺麗な運河が見たいと思い札幌から小樽へ。
そして忘れてはいけないスイーツ!北海道で有名なスイーツも食べたいのならルタオもあります。
札幌から約1時間で札幌とはまた違った景色が楽しめる小樽、北海道への旅行プランに加えてみてはいかがでしょう?

小樽へ行こう!

札幌から小樽までは電車で約1時間、楽しく会話をしていると、あっと言う間に到着してしまう距離です。
小樽に到着して最初に向かった先は、念願の運河。その日は晴天ということもあって、非常に綺麗な空と運河を見ることができました。
運河を歩いているとお土産を売っているお店が多くて、その中でも絵葉書がとても可愛いので、見ながら歩くのが楽しかった。
運河やその周辺のお土産屋さんをゆっくり徘徊していると、あっという間に昼過ぎになっていました。

お昼は海鮮丼

風まかせの旅行で、ふらりと入った定食屋さんで海鮮丼を頂きます。
特に行列しているというわけでもない店に入ったのですが、さすが北海道!海鮮の美味しさに、昼食の間は友人と笑顔が絶えません。
こちらのお店は自分で好きなネタを注文して、ご飯の入った丼ぶりに自分で盛り付けるという斬新なスタイルでした。
好き嫌いのある私にとっては、好きなネタだけ選べてトッピング出来るので非常にありがたかったです。

スイーツ巡り

沢山昼食を食べた後に別腹のスイーツ巡り!
小樽のルタオは何軒か店を連ね、店舗ごとに試食が用意されておりどれも絶品!満腹だったにも関わらず次々と食べ歩きました。
ルタオの店舗の屋上には小樽の街並みが見渡せるチャペルのような場所があり、素敵な装飾と可愛らしいベルが飾られ眺めもよく、是非登ってもらいたいです。

スイーツ食べ歩きの道中には、北海道では有名な六花亭もありました。
2階にはイートインスペースがあり、商品を購入するとセルフサービスでコーヒーが無料で提供されていて、くつろぐことが出来ます。

夜の運河

そろそろ日も暮れて、夜の運河を見て札幌に帰ることに。
今回は札幌を中心で回る予定だったので、札幌のホテルを取りましたが、ゆっくりと夜を楽しみたいのであれば、小樽に泊まるのもいいですね。

昼間の運河もさることながら、夜の運河も綺麗でした。
まだ時間が早かったのかライトアップはされていませんでしたが、水面に映る建物が魅力的で昼間とは一味違った雰囲気でロマンチック。

とても楽しい日帰り旅行となりました。
1日ゆっくりと歩いて主だった場所は巡れるのでオススメです。

※画像はイメージです。

北海道旅行記・手記の最新記事8件