長万部のいろいろ

※当サイトは、Googleアドセンスおよびアフィリエイトプログラムに参加しており広告表示を含んでいます。

長万部へドライブ!
そのなかで見つけた長万部のいろいろを紹介します。

目次

かにめし

長万部にはたくさんのかにめし屋さんがあり、数年にわたり様々なかにめしを食べた結果、「かにかにKAN魚粋」のかにめしが特においしかったと思います。

「かにかにKAN魚粋」は、ご飯に対するかにの量がとても多くて本当においしい。
ですが長万部でかにめしといえば、忘れてはならないのが「かにめし本舗かなや」。駅弁としても有名で、夏の天気の良い日は、長万部駅のそばにある本店で弁当を買って海岸で海を見ながら食べるのが気分最高です。
もうひとつですが、本店には列車の車内を模した施設があり、鉄道が好きな方に特にオススメです。

毎年7月上旬に「毛ガニまつり」が開催され、毛ガニや新鮮な魚がたくさん安く売られており、我が家はそのおまつりの時期に合わせて長万部へドライブに行きます。

鉄道

長万部はかつて、鉄道の街として栄えていました。町民センターのなかに「鉄道村」という施設があり、当時の鉄道にまつわる物が沢山展示され、触れたり動かすこともできるのです。
私は特に鉄道好きというわけではないですが、展示品が興味深くて楽しかった。鉄道模型やプラレールのコーナーもあるので、家族で行っても子供が飽きることがないでしょう。

元鉄道員さんによって寄付された貴重な鉄道グッズもあり、鉄道好きにとっては最高のスポットの一つだと思います。

桜がきれい

長万部公園の「とみのの森」は、5月中旬くらいの時期になるとトンネルのような桜を見ることができます。近くには池もあり、その時期に見る景色は最高です。

公園内にはテニスコート、キャンプ場、バンガローのようなアウトドアを楽しめる施設の他に、子供が遊ぶ遊具は少ないのですが、家族で楽しく遊ぶことができました。バンガローは手ごろな値段なので、家族ぐるみの友達も誘ってお泊りで遊びに行きたいですね。

長万部は良いところ

長万部は札幌から函館の途中にあり、高速道路も通っているので行きやすい場所だと思います。車でなくてもJRの駅がありますので、電車でゆっくり景色を見ながら行くこともできます。

たくさんの自然に触れることができる素敵な場所で、何回も行きたくなる所だと思います。

※画像はイメージです。

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次