北海道の海岸線を約380kmをひた走り、移動時間だけでも約5時間。
その道の名前は「オロロンライン」といいます。
春夏秋冬いつ来ても、あなたの思い出に必ず残る、そんな「オロロンライン」の魅力に迫ります。

「オロロンライン」という道

「オロロンライン」は小樽市~天塩町(小樽市、石狩市、増毛町、留萌市、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町)の海岸線を通る道。
日本の最北端である、稚内市まで行く事が出来ます。
とにかく長い道中、町ごとに多種多様な観光スポットがあるのでとても楽しめる事間違いなし!

まずは海鮮

まず初め、北海道で海岸線沿いといえば海鮮。
海鮮というくくりでは大きくは変わりませんが、市町村によって名産が違います。

例えば、小樽だとだいたいオールマイティに食べれると思います。
ですが、増毛町になると甘えび、留萌市になるとニシンと数の子が名産になり、各市町村で特徴があって、食べ歩きで十分に楽しめると思います。

そして果物

果物といえば、GW辺りから秋口まで何かしらの果物狩りが体験できるでしょう。
サクランボやイチゴ、リンゴ、ナシはメジャーですが、プラムやプルーン、ブルーベリーなどちょっと珍しいものまで、書ききれなくなるほど種類は豊富です。

果物狩りはその場で食べるだけではなくお持ち帰りだけでも出来るので、ドライブ中に果物を食べたり景色の良い所で食べたりと楽しみ方はたくさんあります。

B級グルメも!

はてさて、各町にはそれぞれに隠れたメニュー、B級グルメがあります。
例えば、小樽市だとあんかけ焼きそばがソウルフードで、とても美味しい。

そこでオススメは「小平町」。
ここには、おびらダムをイメージしたダムカレーや、ご当地バーガーなど、ちょっと魚介類は飽きた!という場合に最適なB級グルメがそろってます。

絶景スポットもある

食べてばかりではなく、海岸線ドライブで欠かせない絶景スポットは岬ではないでしょうか?
本当に数多くあるのでその中で、有名なのは留萌市にある黄金岬です。

黄金の由来は、名産のニシンが大群で沖から泳いでくる姿に夕日が照らしている様子が黄金色に染まったことが由来だそうです。
まあ、魚がいなくても地平線に沈んでいく夕日は黄金色でとてもキレイです。
このような、あなただけが気に入る岬が必ず見つかると思いますよ!

モニュメントも注目

オロロンライン上にモニュメントも数多くあります。その中でも、幌延町にある「北緯45度通過点」のモニュメントは有名です。
この場所からは天気が良ければ北海道の離島「利尻島、礼文島」が見る事が出来ます。
またその中でも、利尻島にある「利尻富士」という日本最北端の富士は一見の価値あり!

あなたの好きなオロロンを探そう

北海道は日本の中でも広大な土地と四季がはっきりとしています。なので、春夏秋冬と訪れる時間帯によって見せる顔は変わってきます。
そこにグルメが加われば、見て食べて最高の体験ができるはず??

あなたの好きなオロロンラインを見つけに来てはいかがですか?

※画像はイメージです。

お勧め観光スポットの最新記事8件