北海道の天然記念物オジロワシを知る オジロワシの観察は北海道で決まり!

天然記念物として指定されている北海道のオジロワシについてまとめました。オジロワシの生態から特徴、オジロワシと絶滅の関係についてわかりやすく解説します。

オジロワシとは

天然記念物に登録されているオジロワシは、タカ科オジロワシ属に部類される猛禽類です。オジロワシ(尾白鷲)の名前の由来は尾の白さからきているとされています。
先端にカーブを描いた黄色いクチバシが特徴的です。

オジロワシは冬になると日本へ飛来する渡り鳥です。北海道知床半島を代表するオジロワシは、目つきの鋭さと相反して、比較的穏やかな性格をしていると言われています。オジロワシは目的や理由もなく襲うような獰猛な鳥ではないことが知られています。

オジロワシの大きさは?体重は最大で7キロもある?

北海道には本州ではお目にかかることのできない貴重な野鳥がたくさん生息しています。オジロワシの他にもシマフクロウはその代表です。今回ご紹介するオジロワシの体重は、シマフクロウの倍もあるのだから驚きです。

オジロワシの体重は最大で7キロ前後です。体重からしてもオジロワシはかなり大きい鳥であることがわかります。以下の数字はオジロワシのからだの大きさです。メスの方がオスよりもからだが大きいのですね。

《オス》約80センチ・《メス》約95センチ

上記はいずれも翼を広げていない場合の換算です。翼を広げたオジロワシは約2メートルを超え、日本の成人男性の背丈より大きいです。

オジロワシの生態を知る

オジロワシの食性や行動について解説します。

オジロワシの分布

オジロワシはユーラシア大陸やデンマークなどの北ヨーロッパ、日本を含むアジアに広く分布しています。

オジロワシは何を食べている?

オジロワシは雑食性です。オジロワシの主食は魚とされていますが、他にも小型の哺乳類や鳥類、エゾシカなど動物の死骸も食べています。

オジロワシの行動と繫殖期

オジロワシは繫殖期を除き、基本的に単独で行動をする鳥です。冬季では集団をつくり翼を休ませていることもあります。

オジロワシの活動場所は主に、海、河川、湖沼の3点です。

オジロワシの繫殖期は3月から4月です。彼らは敵の来襲が少ない高い木の枝や、険しい断崖に巣をつくります。巣は木の枝などで編まれたものです。1回の産卵に2つの卵を産み、卵はメスが温めます。その期間はなんと約38日間にも上ります。また、オジロワシは主にユーラシア大陸で繁殖を行いますが、北海道の東部でもオジロワシの繁殖は認められています。

知って面白い!オジロワシとオオワシの見分け方

「オジロワシ」と「オオワシ」の見分け方についてです。なんだか双方カタカナ表記だと名前まで似ていますね。しかもオジロワシとオオワシは1970年1月23日に、同時に国の天然記念物として指定されているのです。そんなオジロワシとオオワシですが、見分け方は難しくありません。

上の写真で左が「オジロワシ(尾白鷲)」、右が「オオワシ(大鷲)」です。

「オジロワシ」は全体的に黒みがかった茶色(褐色)をしています。クチバシは黄色ですが、オオワシと比べると薄い色合いに感じます。また「オジロワシ」よりもオオワシの方がクチバシのサイズが小さいことにも注目です。

また「オジロワシ」は尾の部分が白色であるのに対し、オオワシは翼の上部分、尾の広範囲と、オオワシの方が全体的に白色の範囲が広いです。
飛翔中のオジロワシ、オオワシを観察する際も上記の色合いの違いから判別することが可能です。

【こばなし】オジロワシだけがもらえなかった、神の称号

アイヌの間でオオワシは「カムイ」という神の称号を与えられています。しかしオジロワシには称号が与えられませんでした。確かにオオワシは世界でもトップクラスの体の大きさを持つ猛禽類です。しかしそれほどオジロワシと大差はありません。

一体なぜオジロワシは称号をもらえなかったのか?

それは戦国時代における貿易品の中でオオワシの純白の尾が高級品だったことと関係しています。織田信長などにより重宝されていたのがオオワシの尾羽でした。オオワシの白い尾羽は弓矢などに使用されていたのです。オジロワシの尾羽を数えてみると、その枚数は12枚です。それに比べてオオワシは14枚と2枚多いのです。

ちなみに今話題沸騰の人気マンガ『ゴールデンカムイ』ではオオワシを描くシーンがあります。また作中でオオワシは食べられてしまいますが、このマンガではオオワシの基本情報などが掲載されているため、ご興味のある方は是非読んでみてください。

オジロワシも絶滅危惧種? ハードストライクでオジロワシが激減

ここではオジロワシに与える人災や絶滅の危惧についてお話します。ハードストライクが増える中でオジロワシなど猛禽類は個体数を減少させています。
ハードストライクとは、人工物に鳥類が衝突することを意味します。例えば風力発電のプロペラなどに鳥類が衝突したり、航空機と鳥類における衝突事故などがあります。

ハードストライクによる被害の他にも、電線への激突による感電や、都市開発によるオジロワシ生息地の減少問題、地球温暖化による環境の変化などがオジロワシの絶滅の危機を高めています。またオジロワシは動物の死骸を食べることも少なくありません。ハンターにより仕留められたエゾシカの体からオジロワシが鉛を摂取してしまい、鉛中毒を起こしてしまうケースもみられます。

Yahoo!ニュース

北海道で風力発電所のプロペラブレードに稀少生物のオジロワシがぶつかり死んでしまう事故が多発しているらしい。再生可能エネル…

オジロワシは北海道で観察すべし!観察プログラムに参加してみよう!

オジロワシを間近で迫力をもって見るには北海道がベストです。北海道浦河では、オジロワシを間近で観察できる『バードウォッチングプログラム』が企画されています。こちらのツアーはオジロワシの他にオオワシも観察することのできるプログラムとなっています。

過去のデータをもとにした観察場所と時間により、ほぼ100パーセントの確率でオジロワシに遭遇できるのが嬉しいですね。

「北海道体験」公式サイトは、北海道の体験・遊びのプランを簡単に検索できるアクティビティ予約サイトです。アウトドアスポーツ…

※知床や野付半島では、留鳥となったオジロワシを観察することができます。

【最後に】絶滅を考える、ということ

地球上のさまざまな生物にはそれぞれの役割があります。私たち人間はしばしば自分本位で物事を考えがちです。しかし人間も動物に変わりなく、自然を無くしては今のように生存することは不可能です。野生動物を守っていくことは人間の義務であると私は考えています。とくに日本において、北海道は野生動物の宝庫です。北海道の広大な土地や新鮮な空気が野生動物に居場所を残してくれています。

今回はオジロワシの絶滅危惧についてお話をしましたが、他の動物においても同じことがいえます。

野生動物の保護や、温暖化の阻止など、地球規模で考えてしまうと、どうしても遠い出来事のように感じてしまうことがあります。そこで私は今、自分にできることを第一に考えるようにしています。動物保護への意識を持つ人が増えるほど、その力は大きく作用します。

オジロワシをはじめとして、北海道の動物のことを考える機会になりましたらと幸いです。

※画像はイメージです。