おふろカフェ星遊館でゆったり

芦別スターライトホテルが全国で展開する「おふろカフェ」の7店舗目として、2019年にリニューアルオープンしました。
これを機に若い層をターゲットとした施設へと変貌を遂げ、温泉やサウナはもちろんのこと、フリードリンクや雑誌と漫画が読み放題!など、入館料だけで楽しめるサービスも導入。
満天の星空とリラクゼーション、芦別市の地産地消レストランも「美味しい!」という評判をネットでみたので、早速、家族で訪れてみましたのでご紹介したいと思います。

目次

ホテルの違和感?!

正式には「芦別温泉スターライトホテル&おふろcafe星遊館」・・・とても長い名前です。
それもそのはず、名前の中にも「&」が入っているように隣り合わせた「芦別温泉スターライトホテル」と「おふろcafe星遊館」、そこに管理は違うようですが「油谷体育館」をつなぎ合わせた、複合私設のようなイメージのホテルとなっているようです。

ちょっと不思議におもいながら館内を探検していると一枚の古い案内図が目に入り、そこに書かれていたのは、スターライトホテル・国民宿舎あしべつ・星遊館(大浴場)が同じ色でまとめられ、別の色の体育館施設があり、上には大きく「保険休養施設案内図」と書かれていました。
そこで経緯までは調べませんでしたが、星遊館、芦別温泉スターライトホテル、国民宿舎あしべつは別々の施設だったようです。

たぶん地元の方ならご存知でしょうが、リニューアルされて整えられているのですが、それぞれの作りの違いに覚えた違和感はこういった訳だったようです。

泊まってみてどんな感じ?

ホテルに到着しフロントはスターライトホテル側にあり、宿泊者専用の落ち着いた雰囲気のラウンジで手続きをします。宿泊中は24時間ここで、フリードリンクや温泉まんじゅう、夜間にはお酒が飲み放題です。

お部屋は洋室と和室が選べるのですが、洋室は「スターライトホテル」、和室は「元国民宿舎あしべつ」に案内されるようです。私達は大人数でいったので洋和室を選びました。

洋和室は手前にシングルベットが2つ、奥に畳の和室があり布団を敷いて寝る事もできる、ファミリー向けのレイアウトです。お部屋は清潔感はあるものの、元が古いホテルなので特有の古臭さを感じます。
ただし、だいたいの時間をおふろカフェで過ごす事になりますので問題はないでしょう。

おふろカフェではどんな過ごし方ができる?

ほぼ施設の1階部分がおふろカフェとなっていて、雑誌や漫画を読みながらダラダラできる空間となっています。
ハンモックに揺られて読書する人や、ツリーハウスの中で寛ぐ人、キャンプ場の雰囲気が楽しめるスペースもありテントの中で休むことも。

フリードリンクコーナーの前にある、箱型のボックスはいつも人気なので、運よく空いていたらラッキー!
絶妙な狭さがたまりません。

漫画は人気作や話題作の他にも懐かしい作品やマイナーな物も若干あり、幅広い層に刺さることでしょう。
比較的、フロント側に新しい作品、お風呂側が古めの作品が配置されているように思うのですが、どうやら、リニューアルする前の温泉施設「星遊館」で同様に漫画が置いてあったようでその名残だとおもいます。
漫画だけでなく、オセロやトランプ、ボードゲームも置かれていたので、皆でワイワイ楽しめますね。

カフェのカウンターや温泉入り口付近等には、コーヒーやデトックスウォーターが並び、滞在中自由に利用することができるフリードリンクサービスとなっています。
カフェインに敏感な人や、妊婦さん用にデカフェまで用意されているのが嬉しい!

毛布やクッションも貸してくれるので、我が家以上に寛げます。

温泉はどんな感じ?

温泉は2種類の源泉で、入った瞬間から硫黄の香りがして本格的な温浴が期待できそう!
館内に展示されている芦別の歴史を見ると、古くから温泉が湧き出ていたことが分かります。
数種類の内風呂と露天風呂がある定番のスタイルです。

浴室内を歩いていくと、顔中がグレー色の人がお湯に浸かっていて一瞬ビクッと驚きました。
こちらの温泉では泥パックが無料で利用できて、しかも、パックをしたままお湯に浸かってもOK。
私もさっそく泥を塗ってみたのですが、お肌ツルツルでしっとりなめらか、お風呂の後もその保湿効果に驚きです。
星遊館の温泉が別名「美人の湯」といわれる保湿効果の高い泉質であることも相まったのでしょうね。

露天風呂は利用者が自由に灯り消して、真っ暗な中で風呂に浸かりながら星空を眺める事ができるようになっています。あいにく、この日は曇り空でしたが、雰囲気は楽しめました。

露天風呂には「バレルサウナ」もあり、日替わりで変わるアロマの香りとセルフロウリュに癒されます。
私はまだ明るい時間帯にベリーの香りを楽しみながら、小窓から見える山の緑を堪能しました。
サウナで汗を流したあとに入る水風呂は、全国的にも珍しい硫黄成分の冷鉱泉で硫黄の香りがほのかにします。

ちょっと?!と思うところ

かなりくつろげるホテルなのですが、ちょっと?!と思うところが2つあります。

一つめは、芦別温泉スターライトホテルのお部屋に宿白すると、お風呂までの距離が遠い。
途中のお風呂カフェでダラダラするのなら別段問題ないのですが、寝る前や朝にちょっとお風呂になんて時は不便に感じる事があるでしょう。和室を選択すれば「元国民宿舎あしべつ」となりますので、それほど遠くありません。

もう一つは、フロントが1つしか無くて、チェックアウトする宿泊客とこれからお風呂にはいる日帰り入浴客の両方を対応するので、朝のチェックアウトが大混雑します。
せめて日帰り入浴の方は、星遊館の方で対応した方が良いと思います。

最後にネガティブな事を書きましたが、全般ゆっくりくつろげ、温泉好きや漫画好きの方にはうってつけです。
皆様も訪れてみては?

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次