十勝 ぬっぷくガーデンを散策♪

数年前の9月頃、帯広市の「十勝ぬっぷくガーデン」という場所を訪問しました。
園内には牛やポニー、ウサギがいたり、和洋風の庭園を眺めながら十勝牛など、帯広で撮れる新鮮な食材を使用したおいしい料理も景色を見ながら楽しめます。

ぬっぷくガーデンって何??

北海道帯広市にある「十勝ぬっぷくガーデン」をご存じですか?帯広空港から車で10分ほどの好立地な場所にある、帯広ならではの自然を楽しめる手作り庭園です。
園内には和風・洋風のお庭があり、色とりどりのきれいなお花たちが訪問客を出迎えてくれます。

親戚の家が帯広にあり、幼少期から幾度となく訪れてきた帯広。
花畑牧場はもちろん、ありとあらゆる帯広の観光地を巡った私が「ぬっぷく・・?なんじゃそりゃ」と首をかしげるほど、知られているようで意外と知られていない、穴場スポットかもしれません。

実際に行ってみた!

ぬっぷくという言葉はアイヌ語で「野原を流れるもの・川」という意味があるそうです。その名の通り、園内にはたくさんの池があり、その周辺には様々な種類の花や草木が植えられ、綺麗に手入れされています。

施設の中では十勝牛のハンバーグやステーキなどの料理を景色を眺めながら楽しむことができます。十勝産の食材を使用した料理はただでさえおいしいのに、園内の景色を眺めながらの食事はおいしさも倍増です。

洋風の庭園の横には和風の庭も!枯山水ってなかなか北海道では見れない景色ではないでしょうか?
私は生粋の道産子なので、初めて見る和風庭園に感動!とても素敵でした。

4ヘクタールの広大な土地には、自然をはじめ牛やポニーなどたくさんの動物たちが。
こんな広大な土地でのんびり過ごすしてうらやましい・・私も十勝の牛になりたい、と思ったり思わなかったり。動物たちを間近で見られて、普段できない体験をできました。

特に本州からきた観光客の皆さんは、ぬっぷくガーデンの景色を見ると、「ああ、この景色!十勝だな~~」と思うこと間違いなしです。
THE・北海道と呼べるような広大な自然と動物たちを見ることができるでしょう。

帯広に来て迷ったら訪れてみてください!

十勝といえば十勝平野、どこまでも続く平らな地形、農業が盛んな地域ですのでまっ平らな土地に植えられた作物たちやきちんと整列された白樺の木の景色なんかを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。あの、広大な自然を見たい、体全体で感じたいという方はぜひ一度「十勝ぬっぷくガーデン」を訪れてみてください。

時間を忘れて自然を楽しむことができます。屋外なので、密になる心配もなし。何より広くて人同士が密集することもありません。
食事と自然を楽しみ、もっと満喫したいという方は宿泊もできるそうですよ。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。