ほんとうにあった!北海道で暮らしてきて驚きの体験を紹介!

釧路市にそれなりに長く住んでいますが、今でも忘れられない程インパクトのある驚きの体験を2つ紹介します。

目次

野良牛

釧路市に住んでいる酪農家の友人宅へお邪魔したとき、牛舎のなかでぽつり一頭だけ隔離された大きな牛がいました。
「この牛どうしたの?」と聞くと、牧場主の友人は
「この牛、脱走してね。鹿の群れと一緒に過ごしていたんだよ。」
「山をガーッと鹿達と一緒に駆け下りているところを見つけて捕獲したけど、もう野生化しちゃって、気性が荒くて。」
「他の牛と一緒にいれないからここに置いといてるんだけど、このまま置いても仕方ないし・・・」
と悩んでいたのでした。

牛のなかでも穏やかな性格のホルスタイン種の野生化、その目つきは鋭く、ふがふがと鼻息を荒くしていた姿は、牛好きの私でも今までに見たことがない姿でとても印象的でした。
鹿の群れと山を駆け下りる姿、見てみたかったなぁ~と思いますが、夜道に飛び出す鹿の群れのなかに牛がいたらと思うと怖いですね。

スライディング鹿

冬期の車の運転で一番危ないのがアイスバーンと道を横断してくる鹿!
私は軽自動車に乗っているため、万が一鹿に当たってしまえば自動車は大破してしまいます。
鹿は急に車が来るとパニックを起こして突進してくることもあるため、見かけたら季節を問わずかなり慎重な運転を心がけています。

ある日、阿寒に向かう途中、急に道の右手から鹿が飛び出してきました。
鹿は私の車に驚いて足をばたつかせますが、道がアイスバーンのため滑って転んでしまい、そのまま道路左側へスーっとお尻をついたままスライディングして道路脇にドスンと落ちたのです。
そのままなにもなかったかのでようにすたすた歩いていきましたが、滑っているとき鹿はきょとん、私もきょとんとしました。

北海道に住んで30年以上経ちますが、鹿のスライディングは初めてみました。
鹿が優雅に滑っていく姿が何とも言えず、今も思い出してはくすっと笑ってしまいます。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次