スキーを楽しむだけが、ニセコではないですよ?

今から数年前にニセコに行きました。主な目的は温泉での日頃の疲れを取ること、サイクリングやラフティングなどのアウトドアスポーツを堪能すること、羊蹄山やニセコアンヌプリの山系の自然にふれること、北海道の地のものを生かした料理を食することを目的としました。

関東からニセコへ

ニセコへは首都圏から羽田→新千歳で約2時間~3時間、新千歳→ニセコまでレンタカーで休憩含め2時間半ぐらい、多く見積もって6時間ぐらいのの行程です。
道中は田園風景というよりは山の整備された林道で、かといってワインディングではないので走りにくくはないです。
途中、道の駅があり、そこで山菜ラーメンなどのちょっと変わったものがありますので、ぜひ立ち寄ってみて下さい。
特にソフトクリームが最高なので食べてみてください。

1日目はサイクリング

1日目は到いてからサイクリングを楽しみました。
ニセコの街を2時間、約10km程度ですが小学校1年生の子供でも、自転車乗れれば乗り切れると思うルートでとても快適だと思います。

町並みをみたり、山をみたり、植物をみたり。自分のおすすめは町並みですかね。
ニセコの街の一部は無電柱化がある地域があるんで日本というよりかは欧州的なイメージもありますよ。

2日目はラフティング

2日目は、ラフティングに挑戦です。
感想としては流れが緩やかなので初心者の方にもおすすめですが、羊蹄山からの湧水なので、夏でも冷たいですかね。

リーダーは外国人の方で、本当に熱心に楽しくリードしてくれます。夏はラフティング、冬はスキーで生計たててるんだと聞いています。
ニセコ自体も異国の方の力で成り立ってるとも言っており、日本人だけでは厳しいという現実があるのは驚きです。

今はコロナでどんな状況なのですかね。気がかりです。でも本当に楽しかったです。

ロープウェイもお勧め

夏の時期にロープウェイに夜間乗れるという山のイベントもありました。
天気などの影響により星空が堪能できるそうです。

自分はこの夜間のロープウェイには乗らなかったので詳しくは分かりませんが、昼間ロープウェイに乗ってアンヌプリから景色を見ました。

昼間の景色も雄大で、8月でしたが秋の気配がするのが、北の国、北海道へ来たんだと実感させれ、真夏でも首都圏に比べると涼しいです。

そんな感じのニセコですが。
もっともっと良い所たくさんありますので、ぜひ御自分でニセコ散策の旅へ出て見て下さい