幕別町忠類でナウマンゾウを楽しもう?

北海道幕別町忠類にはナウマンゾーンと呼ばれ、ナウマンゾウに関するは色々な施設があります。
ナウマン記念館、道の駅、温泉や夏は子供が水遊びができる公園などあって、親子で楽しめます!
さて、北海道幕別町忠類のナウマンゾーンとはなにか?紹介します。

道の駅 忠類

帯広市から南に約50km、2022年現在で無料の高規格幹線道路を使って、約45分くらいの場所に忠類の道の駅があります。

1969年(昭和44年)7月に忠類晩成の農道工事現場でナウマンゾウの化石が偶然に発見され、発見から3度の発掘調査を行い、歯(キバ・おく歯)、胴体(背骨・肋骨)、前足(肩甲骨・上腕骨など)、後足(腰骨・大腿骨など)ほぼ1頭分の化石骨が発掘されました。

発見された場所であることから、忠類ナウマン象記念館が中心の公園が作られ、道の駅やキャンプ場などもある「ナウマンゾーン」と称する観光スポットになり、休日などはたくさんの家族連れでにぎわいます。

お勧めポイント

ここに来たからには、まず忠類ナウマン象記念館を見学ですね。
ナウマンゾウの復元骨格模型や、化石発見や発掘の記録を展示しています。

そして、お子様連れのご家族にお勧めなのが、ナウマン公園。

夏は大型の滑り台がある水場で子どもたちは大はしゃぎ。
遊水路は浅く徒歩池もあるので、小さなお子様も遊ぶことができますが、段差があるので大人の人がついて注意して遊びましょう。

他にもナウマンゾウの鼻をイメージしたとされる長ーいローラースライダーや、ネットで作られたトランポリンで大人も子どもも思いっきり遊べます。
小さなお子様用の遊具もあり、幅広い年齢層の方々が楽しめる公園です。

敷地が広いので、自然を感じながらゆったりとお散歩するのも気持ちがいいです。

隣接して、パークゴルフ場やバーベキューができるコーナーもあり(予約制)、公園横の直売所には、季節の野菜やソフトクリームなどが売っています。
家族連れで一日遊べる公園です。

※一部の施設は、冬期間は閉鎖していますのでご注意ください。

遊んだ後は

遊んだ後は、道の駅忠類に隣接している「ナウマン温泉ホテルアルコ236」がおすすめです。
お湯は、無色透明でつるつるのアルカリ性単純温泉で、日帰り温泉も楽しめます。

こちらのロビーでは、初々しさが残る日ハム時代の大谷翔平君の等身大パネルがありました。
忠類がある北海道幕別町の応援大使をされていたのですね。

また、十勝名物の豚丼や、地元の特産のゆり根を使ったかき揚げそば、カツカレーセットなどがたべられるレストランが併設されています。

道の駅では、手作りのパンなどの軽食やお土産も充実しています。
私のお勧めは、ゆり根シュークリームで、自然の甘みが優しくておいしいですよ。

一日中、または数日かけて遊ぶことのできる忠類のナウマンゾーンにお越しくださいね~。

道の駅 忠類の施設情報

住所:中川郡幕別町忠類白銀町384-12