【最大の鉄道空白地で観光】紋別の流氷観光船ガリンコ号乗船記

※当サイトは、Googleアドセンスおよびアフィリエイトプログラムに参加しており広告表示を含んでいます。

おはようございます。紋別プリンスホテルより海に背を向け、窓の向こうには街が広がっていました。

朝にはマイナス15℃にもなる環境、道路上では除雪作業が行われていますが、それでも北海道らしく真っ白な世界です。

オホーツク海沿いにおける中心都市の紋別市にはオホーツク紋別空港があり、羽田空港とも直接結ばれています。一方で全国的に見ても鉄道空白地帯であり、交通の便が悪く訪れにくいのが正直なところです。

そんな紋別市ですが、かつては国鉄名寄本線が通っていました。紋別バスターミナルの目の前では、モニュメントによってその歴史を伝えてくれます。

今回紋別市を訪れたのは、史上最長片道切符のルートに名寄本線が含まれていたため。特に鉄道ファンだと中々来ないエリアで、今回来られたのは結構貴重な機会です。

ここ紋別と言えば流氷が有名であり、網走、知床と並んで流氷観光が人気です。せっかく紋別に宿泊して寒い朝滞在しているので、流氷観光船「ガリンコ号」に乗ってみたいと思います。

紋別中心街から流氷観光船が発着するターミナルまでは、シャトルバスが運行されています。

その名も「ガリヤ号」。流氷観光船「ガリンコ号」をもじっています。その始発地点がここ、紋別バスターミナルです。

料金は先払いで、均一運賃200円。500円の1DAYきっぷもあって、流氷科学館へ行かれる方などは便利です。

8時ちょうどに紋別バスターミナルを出発。

流氷観光船に合わせたダイヤが組まれているので、時間はピッタリでその点は考えなくても良くて楽々ですね。

途中では今日宿泊した、プリンスホテルにも立ち寄ってくれます。本来ならここから乗れば良いんでしょうが、紹介する訳なので始発から乗車しました。

続いて紋別セントラルホテルにも立ち寄ります。これらホテルから乗られる方が多くて、かなり便利に思われているはずです。

海沿いに出てきまして、左手には立派な建物が見えてきました。何かの工場かと思ったら、バイオマス発電所のようです。

オホーツク地域は森林資源が豊かで、認証林が国内で最も多い地域になっています。木質資源を燃焼することで発電していることから、立地面でも適している訳です。事業で得た収益を森林へ還元する、クリーンな循環の実現を目指しています。

15分ほどで海洋交流館(ガリンコステーション)に到着しました。

チケット購入に関しては2日前までのWEB予約もあるのですが、数日前まで流氷が見られておらず状況が分からなかったので、当日購入することにしました。

こちらのカウンターで氏名など記入して、カウンターに提出。

料金を支払いまして、チケットを受け取ります。

大人4000円となっており、学生にとってはちょっと大きい金額。それに見合う景色を見せてくれると信じましょう。

こちらが乗船するガリンコ号Ⅲ IMERU。「イメル」とはアイヌ語で光を意味します。

朱色には南極観測船のイメージのためか、観光船感を感じさせない勇ましさがあります。

船は3階建てになっていて、出入り口が2階部分です。

入ってすぐショップが出迎えてくれます。

特に目を惹くのが豊富な種類のお酒、流氷を見ながらポカポカの船内で飲めるなんて最高でしょうね…。

2階部分の通常座席がご覧の通り。足元にコンセントが備わっていたのもポイントが高かったです。

3階に上がってきまして、こちらは窓に向かって座席が配置されています。

2,3階では外にでて、直接海上の景色を楽しむことができます。氷点下2桁は当然のこと、障害物の無い海上でかなり寒いですが、折角なのでここから流氷を楽しみましょう。

ガリンコ号は海洋交流館を出港。さっきまで船の居座っていたところが空っぽになっており、周辺に氷の押し寄せているのが分かります。

よくあれが流氷と思われるのですが、あくまで「その場で氷が張っている」だけ。流氷は沖合から海上を流れ漂って来て、それが陸まで到達すると「流氷接岸」と言われます。

海面にはうすーく氷の膜が張っており、雲でフィルターを掛けられた朝日が、ぼんやりと映し出されていました。

防波堤で囲われたところから、いよいよ外の世界へ飛び出します。

このあたりの氷は本当に薄く、ちょっと波が当たっただけで粉々になります。海面がピシッと凍る段階にも至っていません。

これをじーっと見ているだけで面白かったり。

この薄い氷もところどころ境目ができており、まるで凍てついた世界の地面に川が流れているようです。ウユニ塩湖に似た、幻想的な要素があります。

25分ほど船に揺られたでしょうか、放送が流れまして一帯白い塊が近づいていることに気づきます。

よく見るとタコの吸盤みたくポツポツ小さい丸が現れていました。

更にその塊は大きくなっていき、いよいよ流氷へ突入。

一瞬にして目の前は、白い氷の板が広がるばかりです。

なぜか生き物のような柔らかさがありそう、現実逃避できる世界で触れ合いたくなります。

海の流れで生まれた雪の模様も、波が当たれば消されていくのが儚いです。

今年は流氷が中々やって来ず、氷は小さめで厚さもそこまで無いそう。しかし、雪が積もっているために存在感があって、海に浮かんでいることがよく分かります。

流氷で埋め尽くされると船は通れなくなるのですが、このガリンコ号はアルキメディアンスクリューと呼ばれるドリルで流氷を砕き進みます。今日はプカプカ浮かんでいるだけなので、そこまででは無さそう。

「道を開けろ」と言えばスルスルっと開けてくれます。

5分ほど流氷の中に滞在しまして、Uターン。段々と小さくなって隙間に見える海も広がってきました。

流氷地帯を脱出、凍っていない海が目新しくなっているぐらいですが、港へ戻ります。

カモメがいい具合に船を追いかけて来てくれました。

こんな長時間冬の海風にあたって凍えそう…、というか凍えているので船内へ入りました。直接絶景を見られて良かったですが、皆さん体は大切に。

9:40、海洋交流館に戻ってきました。

基本運行時間は1時間とされていますが、流氷が遠いと最大1時間30分まで延びることになります。

いつか見に行きたいと思っていた流氷ですが、こんなに素敵な光景とは想像以上でした。冬の北海道へ来たからには、本当にオススメできる景色です。

帰りのバス、ガリヤ号まで少し時間があるので、周辺を歩いて回ってみます。

こちらは密かにいつも探しているポケふた。全国各地に寄贈された、ポケモンを描いたマンホールです。隣接したガリヤ地区港湾緑地駐車場に設置されていました。

紋別と言えばご紹介した通り、オホーツク海に流れる流氷がシンボル。アザラシが乗っかっている様子が描かれていますが、フィクションの世界と思いきや、本当にこういう光景が見られるそうです。

北海道の場合だとどうしても雪に埋もれているのですが、かなり深いところまで掘り返して頂いてました。本当にありがとうございます…。

今度はオホーツク流氷科学センターの近くまで歩いてきまして、突如現るカニの爪。あまりに謎すぎる物体です。

これは1982年に紋別流氷アートフェスティバルで作られたもので、冬期は15年間海上で展示していたそうです。

今では紋別のシンボルで、カントリーサインにも採用されています。

それではガリヤ号に乗車しまして、紋別市街地へ戻ります。

紋別バスターミナル周辺を歩いていると、「メモリアル通」なる道を見つけました。

歩道と道路の境目には、蒸気機関車のマークをつけたポールが立っています。これは1989年に廃止された名寄本線の廃線跡を示すもの。

紋別駅跡地から南方の廃線跡は、市道「メモリアル通」に転用されています。その名前とポールがかつて鉄道が走っていた歴史を今に伝えているのです。

流氷を楽しんだところで、ここからは史上最長片道切符の旅に戻ります。国内唯一全線廃止された本線「名寄本線」をバスで辿り、湧別町を目指します。

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次