幸せの鐘を鳴らそう!恋人たちの聖地「藻岩山展望台」行ってみた!

「恋人たちの聖地」と呼ばれるものは全国各地に存在するが、ここ札幌も例外ではない。
札幌市営地下鉄東西線、札幌中心部にほど近い「円山公園駅」からバスで10分ほど。そこに藻岩山という、標高530mほどの小高い山がある。
そこから見渡せる夜景は札幌名物で、(一社)夜景コンベンション・ビューローが選定する新・日本三大夜景に選ばれている。

雪を思わせる白に照らされた「幸せの鐘」

山頂の展望台には(特定)地域活性化支援センターによって「恋人の聖地サテライト」に選出された「幸せの鐘」がある。

筆者が展望台に降り立ったのは夜。ロープウェイとミニケーブルカーを乗り継いで展望台にたどり着き、建屋を出れば、雪を思わせる真っ白なLEDに照らされて、幻想的な雰囲気を醸し出す「幸せの鐘」が出迎える。

展望台からあたりを見渡せば、眼下に広がる札幌市街地を一望できる。

札幌の夜景の特徴として、オレンジ色の灯りが多いことが挙げられる。街灯に使われている灯りにナトリウム灯が多いのがその理由だ。そのため、展望台から見える市街地もオレンジ色に輝いている。かつてナトリウム灯はトンネルの照明として使用されていたが、技術革新が進んで徐々にLEDが灯りの主流となり、2020年には日本での製造・輸入が禁止された。

幸せの鐘を鳴らそう

恋人同士のふたりで「幸せの鐘」を鳴らせば、二人の愛を祝福するかのような、澄んだ音が周囲に鳴り響く。

美しい鐘と共に記念撮影するのはもちろん、周囲の手すりにはワイヤーが通されており、南京錠が取り付けられるようになっている。「愛の鍵」と呼ばれるハート型の南京錠をワイヤーに通して鍵を留めると、二人の愛はずっと続くという。

まだ行っていない?ならば是非、行ってみよう

まだ藻岩山展望台に降り立っていないカップルの読者は、一度藻岩山に赴いて幸せの鐘を鳴らし、愛の鍵をワイヤーに取り付け、夜景を見下ろして永遠の愛を想うのはいかがだろうか。

そして数年後、新しい小さな家族とともに展望台に来て、かつて二人で札幌の夜景を見て鐘を鳴らした日に想いを馳せてみよう。

「今は相手がいない…」という人も下見と称して一人で(あるいは友人とともに)行ってみよう。
いつかきっと、大切な人と二人で降り立つ日が来るだろうから。

お勧め観光スポットの最新記事8件