三笠博物館は心霊スポット?!

約4年前に三笠の三笠博物館へデートで訪れた際、不思議な現象に襲われました。

三笠博物館

その日はドライブがてら桂沢湖を堪能し、アンモナイトを見学するための私達は博物館へ向かいました。
博物館は休日ですが人がまばら、他にカップルが一組居ただけでした。
いちゃついておらず、真面目に展示物について語り合っている姿に私達も身を引き締めます。

この博物館、入った瞬間すごいです。
展示室が6か所位に分かれているんですが、巨大アンモナイトが列になって、ずらーっと並び、案内板も非常に丁寧に書かれています。
しかも手で触れるものもあり、化石と対話している気になります。
子供達は是非見に来るべき所です。

ただ、外国で発掘された化石も多いんですよね。
建物の規模に対して展示品が少なかった気がします?ここが少し残念ですが、外国の出土品、迫力のある恐竜の骨格化石も見られるという事で。

奥にすすむと

ここだけでも満足なんですが奥に進むと郷土コーナーがあり、三笠出身の舞台女優さんの衣装やら、医学博士の使っていた物やら紹介パネルが展示されています。
山深い所から立身出世された先人達の功績に触れる事が出来ます。

他にも炭鉱にかんする資料や当時使われていた数々の道具や坑内で使われていた電車の展示もあり、見応え充分です。

そして別室では三笠にあった空知集治監(刑務所)で、北海道開拓の囚人達がどのように働かされていたか等、遺品等見て彼らをしのぶ事が出来ます。なかなかハードな内容です。
こんなに充実した博物館、人があまり来ていないのが非常に残念です。

さてさて

さくさくと見学していきます・・・ここまでは、です。

しかし、ここである一室に入った時、室内からなんだかぼんやりとした男性が出てきました。
え?
お?
最初職員の方だと思ったのですが入った瞬間そばにある、人体模型の様な物を見て背筋が凍りました。
さっきの人、この模型の人と同じ服着てた・・。

そう、明らかに炭坑夫の方だったのです。

そしてなぜか、この部屋だけ異常に冷気を感じる、今までと全然雰囲気が違います。
何とかこらえて資料を見て、部屋を出る際お祈りをして猛ダッシュで入口に戻りました。

炭坑の悲しい事件は色々聞いた事がありますが、何か伝えたかったのでしょうか?

その後気を取り直し、彼氏が野外博物館を散歩して炭鉱遺跡を見たいと言いだしたので行くことにしました。

館を右手に曲がると橋がかかり、下に川が流れていました。
彼はアウトドアが好きでルンルン気分でした。

しかし・・今度は川から、沢山の野太い、来るな、来るな、という大合唱が。
すぐ彼を連れて逃げました。
炭坑の跡地は何か色々炭坑夫達の想いが残されているのかもしれませんね。

三笠博物館 の施設情報

住所:〒068-2111 北海道三笠市幾春別錦町1丁目212−1
営業時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・冬期間の祝日(12月~3月)・年末年始(12月30日~1月4日)
電話:01267-6-7545

サブカル・珍スポット・聖地の最新記事8件