コスパ最高!ボリューム満点!海鮮飯なら「マルトマ食堂」

何年か前、苫小牧市を訪問しました。
おいしい海鮮をいただきたく、地元の知り合いからおすすめとして紹介された「マルトマ食堂」。
安くておいしい海鮮を食べたいときは、北海道苫小牧市にあるマルトマ食堂がおすすめです。

マルトマ食堂

マルトマ食堂は駅から遠く、徒歩は難しいので、苫小牧駅からタクシーもしくはレンタカーが行きやすいです。
駐車場は無料なので、自家用車でもOKです。

マルトマ食堂は観光客もいますが、地元の道民の人や漁師さんも通う食堂です。
漁港の小さな建物が食堂なので、建物の外観内観ともに綺麗さやおしゃれさはありません。
しかし提供されるご飯は、とれたての新鮮な海鮮をふんだんに使い、ボリューム満点で味はおいしく、そして安いので地元感を楽しめる方にはとくにおすすめ。

マルトマ食堂に通った

私は苫小牧市に数日滞在しましたが、ホテルで朝食は食べず、連日マルトマ食堂に通いました。
苫小牧市はホッキ貝が有名で、マルトマ食堂ではホッキカレーが定番の人気メニューです。

1日目はこのホッキカレー(1200円)をいただきました。
肉厚のホッキ貝がたくさん入っており、カレーとの相性も抜群です。ホッキ貝をカレーとして調理されるのは、現地ならではだと思います。

次の日は、ホッキ丼(1000円)を食べていました。
生のホッキ貝がたくさんのっており、その量は多くてビックリします。貝を生でいただけるのは、新鮮で肉厚、良質なホッキ貝だからだと思います。

そして最終日、マルトマ丼(1500円)をいただきました。
ホッキ貝のほか、生エビ、ウニ、イクラ、赤味など魚がどんぶり一面にうめつくされており、エビの頭は飛び出すほどの量でした。
これほどたくさんの海鮮が乗って、この値段は小さな地元の食堂だから可能な価格だと思います。

札幌にも滞在した事があるのですが、海鮮丼を提供している店舗の価格相場は2000~3000円ほど。
マルトマ食堂のコスパの良さを改めて実感したものです。

さいごに

定番のホッキカレーやマルトマ丼の他にも、どんぶり物や煮つけ、定食などメニューが豊富で、ほかにも試してみたいものがたくさんありました。
獲れたての魚介を提供してくれるマルトマ食堂は大満足でお気に入りの飲食店です。

漁港ならではの営業スタイルで、営業時間は朝5:00から14:00で日祝は定休日。
売り切れ終了してしまう商品もあるみたいなので、早めに行くのがおすすめです。

※値段は訪問当時のもので、現在は違う事がありますのでご注意ください。
※画像はイメージです。