登別温泉と言えば「ホテルまほろば」がお勧めの秘密?の理由??

温泉が好き家族だったので、小学生の頃から長期休みになると旅行は温泉へという事が多かった。
その中でも「登別温泉 ホテルまほろば」は、家族の間で好評で何度か訪れました。
なので紹介しますね。

登別温泉

まず登別温泉といえば、大体の皆さんはご存知でしょうが・・・。
北海道登別市にある有名な温泉地で、道民の間では「クマ牧場」も有名ですね。

登別温泉の特徴として、泉質の豊富さ。
泉質は硫黄泉や食塩泉、明ばん泉など9種類もの泉質があり、温泉のデパートという異名をもつほどの泉質の多さなのです。

登別温泉街

登別の温泉街には、古くからあるお店が立ち並んでおり、古き良き温泉街の街並みが広がっています。
そこでは地獄谷に根付いた、鬼に関するオブジェや、立ち並んだお土産物店で登別ならではのお土産品が購入できます。

少し散歩するにはとても丁度良い距離になっていて、温泉に入る前、入った後どちらでも楽しめ、間欠泉もあって、運が良ければ大迫力の湯の噴射がみれるのです。

登別温泉 ホテルまほろば

登別温泉には、10以上もの宿泊施設があり、そのなかでも大人から子供まで楽しめる宿泊施設として、ホテルまほろばが人気です。
ホテルまほろばは、外観も内装もとても立派なホテルで、日常を忘れて、非日常を満喫するにはとても良いホテルですね。

日帰り、宿泊どちらでも楽しめ、泉質が酸性鉄泉、単純硫黄泉、食塩泉、硫黄泉の温泉を堪能できるのです。
ホテル館内の売店では、お土産から日用品まで販売しており、タオルを忘れたときや、急に訪れた際でも気軽に温泉を楽しめて便利ですよ。

夕食はバイキング、旬の食材がふんだんに使用されており、訪れる季節によって味覚が変わるので、何度も訪れてみたくなるホテルなのです。

大人も子供も楽しめる

大人も子供も楽しめる秘密は大浴場。
大浴場と聞くと、想像するのは大きな湯船や檜風呂、露天風呂などでしょう。もちろんホテルまほろばにも、大きな湯船や檜風呂、打たせ湯などはあります。

しかし、そのなかでもひときわ人気なのが露天風呂で、その理由はお風呂に滑り台がついているのです。
露天風呂に行くと子供たちがその滑り台で遊んでいます。親子で遊んでいる姿を目にすることも多くありました。

子供たちが寝た頃の時間、お父さんやお母さんが誰もいないのを確認してから、こっそりと滑り台を滑っている姿を見かける事があるのです。滑り台で子供たちが遊ぶのはもちろんなのですが、大きい滑り台は大人でも滑りたくなるものです。しかし、子供たちの中に混じって滑る大人はほぼいないでしょう。
しかし、大人にも遊び心はあるのです。滑ってみたいという好奇心はあるのです。そんな非日常的な気持ちを引き出す魅力を持っている施設です。

もちろん大浴場ですから、男湯、女湯は分かれ、それぞれの大浴場にタイプの違う滑り台があるのです。
宿泊した場合には、1日ごとに男湯と女湯が交代するので両方楽しむことができます。

最後に

まほろばの滑り台はなかなか滑りが良く、スピードが出るのでわりとスリルがあるんです。
私も訪れた時には、遅めの時間で人が少なくなったのを確認してから、滑りってますよ。

子供の無邪気さとは違い、スピードが速いため大人の危機感を刺激され、日常にないスリル感がまた癖になってしまうでしょう。
そんな大人も子供も楽しめる温泉。ホテルまほろばです。

※画像はイメージです。