釧路に行くなら「和商市場」の「のっけ丼」を食べよう!

北海道の南東部にある釧路に行ってきました!
コロナで春も夏も旅行に行けずでした、シルバーウィーク頃にコロナ感染に不安を感じましたが、ストレス発散もあって対策をとって行くことにしました。

釧路の台所

北海道観光の楽しみといえば、食べものですよね。中でも外せないのが、海の幸です。
シルバーウィークの釧路、かなり混みあっていてホテルがどこも満室でビジネスホテルしか予約できず、ごはんは外食!と決めていました。

色々調べると「和商市場」という市場があることを発見。
和商市場は、別名「釧路の台所」。
「函館の朝市」「札幌の二条市場」 とともに北海道の三大市場の一つと称されついるんです。

「和商市場」へ行ってみた!

JR釧路駅から徒歩約5分程度の場所にあります。
コンビニの横のさほど広くない間口から入ると、なんと60程度のお店がひしめきあっています。

見たことのあるあの名菓などズラリと並ぶお土産ものに、やボイルした蟹や新鮮なお魚たち!どこを見ればよいのか目移り甚だしい状態に陥ります(笑)
しかし、まずは朝ごはんをということで、こちらの名物である「勝手丼」を食べるとしましょう~

私のオリジナル「勝手丼」作ってみた~

自分好みの海鮮丼を作ることのできる勝手丼。まずは、市場内の数店舗で販売されているごはんを購入!すしめしか普通の白ご飯か、またサイズも選べます。
そこに鮮魚店で好きな魚介類をオーダーしてトッピングしてもらい、オリジナルの海鮮丼を作ることができるシステムなんです。

鮮魚店さんによって海鮮の種類が異なるので、まずはお店選びから!大行列ができていた人気っぽいお店へ。
鮭節、生さんまなど、関西であまり見かけない食材の嵐!

カニもいろいろ~というところで、迷いに迷い、中トロ、いくら、ぼたん海老、あぶら蟹、金目鯛をオンザライス??
中トロはあぶらのり抜群で濃厚な味わいが舌の上でとろけます。

いくらは粒の大きさに驚き!ぼたん海老は、口に含むとねっとりとした甘みが押し寄せます。金目鯛はプリプリと新鮮そのもの!
自分の好きなものしか入っていないって、こんなにも幸せなことなんですね(笑)

「勝手丼」を体験できる「和商市場」、釧路に行くなら必ず行っていただきたい場所ですね!

釧路和商市場の施設情報

住所: 北海道釧路市黒金町13丁目25
営業時間:8:00〜17:00
定休日:日曜日
公式サイトはこちらから

この記事どうでした?
  • 面白かった (0)
  • 面白くない (0)