思ったよりサイケな?「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」

昭和の映画作品で山田洋次監督の不朽の名作 「幸福の黄色いハンカチ」。
撮影当時のロケセットをそのまま公開している、夕張観光の定番観光スポット「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」を訪れました。

ちなみに映画は、子供の頃にテレビで一回観たぐらいで内容は全く覚えていません。
B級スポット愛好仲間に以前から、サイケでシュールだという事で推されていたので行ってみたかった・・・というのが訪問の理由です。

映画「幸福の黄色いハンカチ」とは?

(C) 1977 幸福の黄色いハンカチ 松竹株式会社

「幸福の黄色いハンカチ」とは、監督は「男はつらいよ」でおなじみの山田洋次監督、主演は高倉健さん、桃井かおりさんや武田鉄矢さんと豪華なキャストです。

あらすじは、武田鉄矢さん演じる「花田欽也」は失恋しヤケになって会社を辞め、退職金でファミリアを購入し失恋旅行で北海道へ。そこに高倉健さん演じる、元炭鉱夫で網走刑務所での刑期を終え夕張を目指す「島勇作」。職場で恋人を同僚に取られ東京から一人傷心旅行に来た、桃井かおりさん演じる「朱美」と出会います。

道中に様々なトラブルが起きながら、不思議な絆が出来た3人、徐々に明かされるそれぞれの過去。夕張で暮らしている、「島勇作」の妻が今でも待っているのかを確かめに夕張へと向かう、昭和のロードムービーの代表作です。

やってきました、幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば。

駐車場を降りて目に入るのが、古民家の旧浜松理容院。
当時から唯一残っている建物で、撮影時は撮影スタッフが風にたなびく黄色いハンカチを撮影するタイミングを待っていたとか。

チケット売り場兼カフェで、中は外観に似合わない、こじゃれたカフェ。
オリジナルコーヒーやジュース、夕張名物の「たんどら」を味わえます。

石炭ストーブは実際に使えます。
初めてみました。

券売機で入場料金500円払ってロケ現場の「思い出の家」へ。
JAF会員や夕張市民、シニアの割引もありお得です。

思い出の家の中へ

ロケ地の炭鉱住宅「思い出の家」の中は映画で実際使われた小道具や映画シーンのパネル展示されています。さらには、訪れた人が”真の幸福とは何か”を考える場所として2017年にリニューアルオープンしたとか?

中に入ると・・・全て黄色!
これがサイケでシュールと噂されるいわれです。

メモのような黄色紙が貼ってありますが、これはいったい何か?というと来訪者の想いや願いが書かれた、黄色いメッセージカードで、壁や天井に所狭しとびっしり貼られています。

さらに来訪者のメッセージはプロジェクターで壁にも投影れていて、「幸せの聖地」として演出されているようです。

マツダファミリア

奥に進むと映画のシーンのパネル展示と劇中で実際に使われた車「マツダファミリア」が展示してあります。
なぜ「ファミリア」かといえば、当時のサラリーマンも購入可能な価格でリアリティを出すためとか。

保存状態もよいので、国産クラシックーカーマニアには垂涎ものですね。
写真では見えずらいのですが運転席を覗きこむと、コンソール周りのデザインに時代を感じさせられます。
そしてラジオとカセットテープデッキ・・・ナウなヤングには、なんなのかすら解らないのでは?

パネル展示は映画の名シーン、パネルや網走から夕張までのロケ地紹介。

実際に撮影で使われた小物や台本の展示もあります。

劇中に途中でよった札幌の喫茶店?の再現もありますが、なんかちょっとやっつけ感が・・・。
もうちょっと工夫が欲しいです。

奥にはセット

奥にはセットがあり、プロジェクターで山田洋次監督の幸福について語った限定動画が流されています。
以前は、島勇作「高倉健」と 島光枝「倍賞千恵子」の似てない人形もあったとか。

昭和の当時の炭鉱住宅での生活が体感できる仕様です。
水道があるのですが流しの横に瓶が置いてありますが、なんの用途に使うものなのでしょうか?

いよいよ

ひと通り展示を堪能しましたら、いよいよメインとなる「黄色いハンカチ」を観に行きます。

炭鉱住宅の端っこのちょっと開けた広場には、黄色いハンカチが風になびいています。
映画のシーンの再現で、下に洗濯物が干してあるのがリアルです。

実はインスタ映え?

ある意味、壮大なネタバレスポットですが、改めて映画を観たくなりますね。

映画の内容を覚えていませんが、当時の時代感など含めて堪能できました。
しかし展示の意図からすれば、是非とも映画を観てからの訪問をオススメしたい。

きっと感動もひとしおでしょう!!
映画ファンにはたまらないスポットではないのでしょうか?

幸福の黄色いハンカチ想い出ひろばの施設情報

住所: 北海道夕張市日吉5
営業日: 2017年4月29日~11月5日
営業時間:
4/29~6/30・9/1~9/24 9:00~17:00
7/1~8/31 9:00~18:00
9/25~11/5 9:00~16:00

サブカル・聖地・B級・珍スポの最新記事8件