アクセス簡単、北海道ならではの温泉施設「森林公園温泉 きよら」

黒い温泉ことモール泉、世界でも珍しい温泉をご存じでしょうか?
この温泉は他の温泉とは違い、植物が長い時間をかけて堆積し、できあがった亜炭層を通って湧き出る温泉です。
地球上では北海道(主に十勝地方)とドイツのバーデンバーデンという地域でしか湧かない希少価値のある温泉で世界遺産登録されています。

モール温泉とは?

「モール温泉」は泥炭(亜炭)などに由来するアルカリ性の温泉のことで、泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾患、慢性消化器官、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱体質、慢性婦人病、冷え性、きりきず、やけどに効きます。

札幌近郊でも?

十勝に行かなければ入れないと思いがちですが、札幌駅から電車で15分ほどの森林公園駅から徒歩5分ほどのところにある、森林公園温泉きよらでもモール泉が湧いているのです。
何より札幌から電車1本、乗り換え無しでいけるというのが嬉しいですね。

十勝地方では高い温度で湧きあがるそうでが、札幌地域では50℃前後の温度で湧きあがるようで、きよら温泉でも、源泉かけ流しで味わうことができます。

実際訪れてみました

実際何度か訪れた中で、雪まつりを楽しもうと2月に訪れたことがありました。
この日は日中でも0度と寒い日で、夜にはマイナス6度という気温でした。
そんな中、この温泉に浸かったところ、すぐに身体の芯から温められるような感覚を味わえ、ものの10分ほどで汗が出てくるほどでした。

ただ温泉の色が濃く、浴槽の底が見えないので入る時は足元に注意が必要で、タオルが浸かってしまうと、この黒い色がタオルについてしまい、なかなか取れないのでこれも注意が必要です。

温泉から出たところには休憩用に長椅子と自販機が置いてあり、お風呂あがりに休憩することができます。
公衆浴場のイメージって少し小汚いイメージがありますが、ここは掃除も徹底されていてとても綺麗でした。

このような貴重な泉質で、源泉かけ流しでありながら、入浴料は公衆浴場なので大人450円、子供140円と安いのも魅力です。
皆さんも是非いってみてはいかがでしょうか?

※画像はイメージです。

温泉・サウナ・宿泊施設の最新記事8件