霧の多い岬?!霧多布岬の魅力

道東・厚岸郡浜中町にある霧多布岬(きりたっぷみさき)、正式名称は湯沸岬(とうふつみさき)といいます。
太平洋に突き出した霧多布半島の東端にある岬です。その突端に至るまでの緑豊かな草原と、360℃大海原の広大な景色が見られる人気の観光スポットです。

今回は霧多布岬について紹介したいと思います!

目次

霧多布岬の名前の由来とは?

冒頭でも紹介しましたが、正式名称は湯沸岬といいます。「とうふつ」ではなく「ゆわかし」などと読み違えることが多いため、通称の霧多布岬と呼ばれることが多いです。
霧多布半島では昔、茅を刈っていたことからアイヌ語の「キタプ=カヤを刈る場所」に由来しています。「霧多布」の漢字はこの土地の天候を表した当て字です。海からの冷たい風が常時吹いているため濃霧が多く、3日に1度しか晴れないような天候です。

また、野生のラッコが繁殖して観察できることからアイヌ語で「ラッコ=トッカリ」からトッカリ岬とも呼ばれます。

霧多布岬のみどころ

霧多布岬のみどころと言えば、なんといっても360℃に広がるパノラマの絶景でしょう。
東側に位置するので、晴れた朝には美しい朝焼けが望めます。
また、野生のラッコが陸上から見られる希少な場所でもあります。他にも帆掛岩にいるアザラシの姿や、絶滅危惧種エトピリカが見られるかも?!

突端までは駐車場から10分程歩きますが、道中の草原ではエゾカンゾウやクロユリなどの季節の花々が楽しめます。
また、湯沸岬灯台は、日本ロマンチスト協会から北海道で唯一「恋する灯台」として認定されています。映画「ハナミズキ」のロケ地でもあり、この映画のファンの方には、印象的な赤と白の灯台と映画の世界観を感じられるおすすめの場所です。︎

霧多布岬の楽しみ方

 

霧多布岬には駐車場横に展望台や売店・食堂があり、灯台近くには霧多布岬キャンプ場があり、バンガローやテントサイト、ドッグランもありペットを連れて宿泊もできて、夏でも涼しくキャンプに最適の環境です。

近くの温浴施設「霧多布温泉ゆうゆ」ではアルカリ性低張性温泉の露天風呂が楽しめて疲れを癒すこともできます。
そして、この「ゆうゆ」館内の売店には、ルパン三世のグッズがたくさん販売されています。ルパン三世の原作者・モンキー・パンチさんが浜中町の出身で、なんとルパン三世と峰不二子も浜中町の出身だそうです!

霧多布岬で最高の夏を過ごそう

いかがでしょうか?ラッコ・温泉・キャンプ・朝焼け・・・しかも涼しい。最高じゃないですか!絶対にキャンプしに行こうと今心に決めました!(笑)

ちなみに涼しいと言っても、この辺りでは夏にストーブを焚くほど寒いこともあるので、防寒対策もばっちりしていかないといけません。特に岬は霧と風が強いことがありますので、キャンプはもちろん、岬へ景色を見に行くにも上着を1枚持っていくことをおすすめします。

また、霧多布岬で繁殖している野生のラッコは年間を通して観察することができます。絶滅危惧種の野生のラッコをぜひこの目で見てみたいものです!
みなさんもぜひ霧多布岬へ遊びに行きましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次