いけだワイン城で異国の空気を感じよう!

何年か前の秋、北海道十勝の池田町にあるいけだワイン城に訪れました。
ワインの種類が多くてびっくり!
そして、とても美味しかったので紹介します。

いけだワイン城とは?

いけだワイン城は帯広市から東に約25㎞、車で約40分ぐらい走ったところにある池田町にあります。

ワイン城は、ヨーロッパ中世の古城に似ていることから「ワイン城」と名付けられたように、外観が異国のお城のような雰囲気です。
丘の上に立っているので、帯広方面から車で来ると彼方に姿を見ることができて、その存在感に魅力を感じられるのではないでしょうか?
正式名は「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」という通り、地下には樽に詰められた葡萄酒の熟成室があったり、別棟にはワイン工場があり見学ができます。

令和2年にリニューアルオープンしているだけに外観は昔のままですが、城内はとても美しく、1階のブランデー蒸留室やショッピングエリア、2階のライブラリーなど見学をしていただけます。
私は食べたことありませんが、4階のレストランでは池田牛のステーキやハンバーグがいただけ、とても美味しいと評判です。
もちろん池田ワインも注文できますよ。

池田町出身の有名人として名高いのが、ドリカムの吉田美和ちゃんで、ワイン城とドリカムのコラボが実現されています。
例えば、今は閉鎖していますがワイン城の敷地内には、吉田美和資料館「DCT garden IKEDA」があり、ライブやPVで使っていた衣装が展示されていました。

また、ワイン城敷地内にあるドリカムブドウ園で収穫した、醸造用ブドウを使ったワイン「山幸」を限定販売したりしています。

一番のお勧めは!

私が驚きお勧めなのは、ショッピングエリアのワインの種類の多さ。
10メートルもある商品の棚(ほかにも商品棚がたくさん)にワインがずらっと並び、ありとあらゆるタイプのワインがそろっています。

私は、ワインは詳しくないので、無難な感じの甘めのロゼワインを商品popを見て選びました。
お値段は、1300円くらいだったと思いますが、とても飲みやすく、びっくりしました。
というのも、20年くらい前に飲んだ池田ワインはすっぱくて美味だった記憶がない(すみません)ので、こんなにおいしくなったんだなと驚いたのです。

種類も以前よりかなり増えた印象で、きっと気に入ったワインが見つかると思います。
他にも、ブランデーやウイスキーもありまして、ワインだけじゃないんですね。

進化するいけだワイン城

リニューアルもともかくとして、いけだワイン城は進化していると思います。
コロナの影響で近年は中止にですが、毎年秋には「池田町秋のワイン祭り」というお祭りが開催されて、そこでは、ワインと道産牛の食べ飲み放題なんです!

ぜひ、十勝の池田町いけだワイン城にお越しください。

いけだワイン城へのアクセス

いけだワイン城 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所
住所:中川郡池田町清見83番地
TEL:015-572-2467
開場時間:9:00~17:00
休館日:年末年始(臨時休館がありますのでお問い合わせください)
入館料:無料
駐車場:無料(100台)

 

動物園・水族館・テーマパークの最新記事8件