まだ知られてない北海道!下川町アイスキャンドルに魅了される?!

道北へ観光に行ったことがありますか?
だいた道北といえば、稚内、富良野、美瑛、旭川などが有名。旭川から北へ向かって観光するとなると、その間の地域を飛ばして稚内まで行ってしまうのでは?
ですが・・・ちょっと立ち止まってみてください。
旭川と稚内にも、絶対魅力的なモノがあるだろ!ってことで、僕は下川町に行きました。

下川町とアイスキャンドル

下川町は名寄市のとなりにある町。名産品というと、アスパラガスやトマトジューズ、手延べ麺などが有名です。
冬は道北なだけあってめちゃくちゃ寒くて、マイナス20℃とかは当たり前です。
訪問したちょうどその日、アイスキャンドルのお祭りがあるそうだったので、お邪魔させていただきました。

アイスキャンドルを簡単に説明すると、バケツに水をいれておくてマイナス20℃の気温では、簡単に凍ってしまいます。
これをヒントに、下川町の人はあることを思い付きました。

バケツに水をいれて一晩おくと、全てが凍りつくという事はなくて、まわりだけ凍ります。
凍っていない水の部分を捨てると中は空洞になり、そこにろうそくを入れることで、氷とろうそくの光が共鳴し神秘的な灯り「アイスキャンドル」ができあがり。
アイスキャンドルショーではこの灯りを何個も作り、雪の上に並べていくことで幻想的な風景が目の前に広がっていくのです。
僕は一瞬でその美しさに魅了させられました。

これを発案した下川町の人は、下川町の魅力を発信できるもが何かないかと考え抜いた末、このアイスキャンドルを思い付いたそうです。

下川町のオススメ

最近はコロナで自粛が続いていますが、毎年2月の中旬ぐらいに、「しもかわアイスキャンドルミュージアム」は行われます。
参加してみて僕は思いました。あまり名の知られてない地域にだって、その土地に住む人がいて、なにかしら、その土地独自の魅力はあるのだと。
その手始めとして、下川町が誇るアイスキャンドルショーはいかがですか?
本当に魅力的で、行ってまず後悔することはないでしょう。

アイスキャンドルの光の中で飲む、暖かいコーヒーの味をぜひ味わってみてください。
あなたならではの下川町の魅力が必ず見つかります。

しもかわガイド「ものづくり」…

※画像はイメージです。

祭り・イベントの最新記事8件