冬季限定!層雲峡氷瀑まつり

北海道の旅行中、層雲峡の氷瀑祭を訪れました。

層雲峡へのアクセス

3月の北海道旅行、私たちは雪道の運転に慣れておらず、電車やバスを使いました。
層雲峡は旭川からアクセスする人が多いと思いますが、今回は帯広方面からだったので帯広駅から日に何便か出ている旭川行きのバスに乗り、層雲峡で途中下車しました。

北海道をレンタカーや公共交通機関で周遊旅行する場合、帯広と旭川の中間にあるので途中下車とぴったりの立地です。途中山の景色を楽しんだり、鹿の家族に会えることもあります。電車でのアクセスも可能です。

氷瀑まつりとは

通常毎年1月から3月の夜間に開催される、氷のお祭りです。
層雲峡は山間の温泉街として有名ですが、氷瀑まつりの期間中、夕方から夜にかけて幻想的なライトアップされた巨大な氷のオブジェを楽しむことができます。

会場内は氷でできた氷瀑神社やチューブスライダー、展望台にデジタルアートとフォトジェニックなスポットもたくさんあり、子どもから大人までその美しさを満喫できます。
一度しか行っていませんが、毎年テーマが変わったり新しい氷のアートが誕生したりしているようなので、また次の年に行っても飽きないのではないかと思います。

私たちが訪れたのは3月で北海道といえ、少し氷のオブジェが溶けかけている部分があったので、恐らく1月か2月に行くのがお勧めかもしれません。
地元のアイヌの人たちによるショーや太鼓などのイベント等もあるようなので、日程に余裕があるなら事前にホームページで調べるといいと思います。

層雲峡の魅力

層雲峡は旭川から一時間とアクセスがとても良く、古くはアイヌの人たちに知られ、その後も温泉地として地元の人にも名所です。

ある程度の規模のホテルや旅館だと旭川からの送迎、氷瀑まつりへの無料送迎があるので、レンタカーではない場合予約する際に調べてみてください。
秘境感たっぷりの山奥で、夏もイベント盛りだくさんの層雲峡は、北海道旅行の際にぜひ訪れて欲しい場所の一つです。

祭り・イベントの最新記事8件